ソフトバンク、同社初のWindows 10スマホ「SoftBank 503LV」発売へ! | RBB TODAY

ソフトバンク、同社初のWindows 10スマホ「SoftBank 503LV」発売へ!

IT・デジタル モバイル

ソフトバンク、同社初のWindows 10スマホ「SoftBank 503LV」発売へ!
  • ソフトバンク、同社初のWindows 10スマホ「SoftBank 503LV」発売へ!
  • (c)Getty Images
 ソフトバンクは14日、同社初のWindows 10 Mobile搭載スマートフォン「SoftBank 503LV」を今年10月下旬以降、法人向けに発売すると発表した。

■何かと“初めて”が重なった 「SoftBank 503LV」

 ソフトバンクでは、これまでiOSデバイスとAndroidデバイスに加え、「X02T」 「X04HT」「X05HT」などWindows Mobile対応機種を展開してきたが、最新のWindows 10 Mobileを搭載したスマートフォンを発売するのは今回が初めて。

 また、「SoftBank 503LV」の製造を担当しているレノボが、ソフトバンクブランドのスマートフォンを国内の通信事業者に納品するのも、今回が初となる。

■「SoftBank 503LV」の主な特徴

 「SoftBank 503LV」は、外出先からのVoIP電話や、ウェブ会議が安価で利用できるクラウドサービス「Skype for Business」を搭載。また、遠隔データ削除やアプリケーションの配布など、業務用端末の情報保護を含めた一元管理を可能にする「Microsoft Intune」および「Enterprise Mobility + Security」にも対応している。

 Officeのソフトウエアがいつでも便利に利用できる「Officeモバイル」なども標準搭載しており、ビジネス利用に則した端末に仕上がっている印象だ。

 さらに、スマートフォン向け「Continuum」を搭載しているので、ミラーリングデバイスに接続すれば、作業中の画面がパソコン向けのWindowsのようなユーザーインターフェースに自動で切り替わり、大画面でパソコンのように作業を行うことができる。

■「SoftBank 503LV」の主なスペック

 「SoftBank 503LV」のサイズは約71.4×142.4×7.6mmで、重量は約144g。約5.0インチHDディスプレイ(1,280×720)を搭載し、カメラはメインが約800万画素、サブが約500万画素のCMOSタイプとなっている。Wi-Fiの対応規格は、IEEE 802.11 a/b/g/n/ac。

 CPUはオタクコア(1.5GHz×4 + 1.2GHz×4)で、バッテリー容量は2,250mAh。内蔵メモリーは32GBを備えるが、microSDXCカードに対応する(最大128GB)ので、必要に応じて拡張することができる。カラー展開は法人向けということもあってか、ブラックのみとなっている。
《Tsujimura》

関連ニュース

特集

page top