3Dカメラ&AI搭載の超デキる作業ロボットが優勝! Amazonが主催コンテスト開催 | RBB TODAY

3Dカメラ&AI搭載の超デキる作業ロボットが優勝! Amazonが主催コンテスト開催

IT・デジタル モバイル

優勝したオランダのデルフト工科大学ロボティクス研究所「Team Delft」
  • 優勝したオランダのデルフト工科大学ロボティクス研究所「Team Delft」
  • 実際にAmazonの倉庫で導入されているロボット(C)Getty Images
  • 実際にAmazonの倉庫で導入されているロボット(C)Getty Images
  • 実際にAmazonの倉庫で導入されているロボット(C)Getty Images
  • 実際にAmazonの倉庫で導入されているロボット(C)Getty Images
 Amazonは、商品のピッキングや収納の正確さを競うロボットコンテスト「Amazon Picking Challenge 2016」を現地時間6月29日から開催していたが、7月3日に全日程を終え、オランダのデルフト工科大学ロボティクス研究所「Team Delft」が勝利を収めたことが分かった。

 勝負は、自律的に商品を選択する作業と、棚から商品を取り出す作業、そして取り出した商品を容器に移す作業から構成されている。こうした作業工程をいかに早く、そして正確に行うかの争いとなっており、「Team Delft」は、見事214点を獲得。2位のNimbRo(186点)3位のMIT(164点)をおさえて、優勝賞金5万ドルを獲得した。

 「Team Delft」は、2本指・吸盤・対象物を把握するための3Dカメラを備えたロボット(安川電機製)を使用。同ロボットは搭載された人工知能(AI)によってパターンを学習するタイプで、コンテスト当日も、精度の高い作業が披露された。

 Amazonは現在、世界各地にある倉庫で、ロボットを採用したコストカット策に挑んでいる。今回のようなコンテストの開催は、有望なロボット企業の発掘、そして自社のさらなる技術開発の両側面が期待される。

 今後こうしたロボット開発が進めば、将来的に我々人間の雇用が心配になるところだが、優勝した「Team Delft」のCarlos Hernandez Corbato研究員が海外メディア『The Verge』に話した内容によれば、人間が行う作業を、すべてロボットで置き換えることはまだ難しく、(今回のような)ロボットピッカーは、あくまで人間の指示があってこそ真価を発揮するものである。テクノロジーの発展は喜ばしいが、技術開発の先端をいく人間がこのように語ったことで、ほっと胸をなでおろした方もまた多いのではないだろうか。

《Tsujimura》

関連ニュース

特集

page top