「ヤマト運輸」LINE公式アカウントがAI化、会話で荷物の問い合わせが可能に | RBB TODAY

「ヤマト運輸」LINE公式アカウントがAI化、会話で荷物の問い合わせが可能に

IT・デジタル モバイル

配達状況の確認や日時の変更が会話で可能に
  • 配達状況の確認や日時の変更が会話で可能に
  • 料金確認も会話で可能に
  • 「ヤマト運輸」LINE公式アカウントのリッチメニュー
 2016年1月より公開された、「ヤマト運輸」LINE公式アカウント。配送予定のメッセージ配信のほか、荷物問い合わせへの回答、集荷や再配達の依頼対応を行うもので、ユーザーからは好評をもって迎えられた。

 一方で、荷物問い合わせの機能を使う場合、従来はトーク画面内のサービスメニュー(リッチメニュー)のボタンを押して、機能を呼び出し、ヤマト運輸のWebサイトに移動する必要があった。このため「LINE内で完結してほしい」という声が出ていた。

 今回ヤマト運輸では、27日より、会話AIを活用した荷物問い合わせ機能を追加した。新しい「荷物問い合わせ」では、トーク画面内のサービスメニューから選択すると、そのままLINEのトークとなり、「配送状況の確認でよろしいですか?」「お荷物の送り状番号を入力してください」「お届け日時を変更されますか?」など、会話によりスムーズに問い合わせが進むようになっている。

 荷物問い合わせ機能のAI化にあわせて、各種サービスの料金やサービス内容の確認も、会話を通じて可能になったとのこと。もちろんサービス利用料は無料のままだ。

 なおヤマト運輸では、今後も「LINE」を利用したサービスの拡充を検討しているとのこと。
《赤坂薫》

関連ニュース

特集

page top