Microsoft版“おサイフケータイ”「Microsoft Wallet」が米国で利用可能に | RBB TODAY

Microsoft版“おサイフケータイ”「Microsoft Wallet」が米国で利用可能に

米Microsoftは現地時間21日、Windows Insider Programのメンバーに対して、新しいモバイルデバイス向けのWindows 10 プレビュー版(ビルド番号:14371)を公開した。新たなプレビュー版では、実店舗においてモバイル決済機能「Microsoft Wallet」が利用可能となる。

IT・デジタル スマートフォン
Microsoft版“おサイフケータイ”「Microsoft Wallet」が米国で利用可能に
  • Microsoft版“おサイフケータイ”「Microsoft Wallet」が米国で利用可能に
  • Microsoft版“おサイフケータイ”「Microsoft Wallet」が米国で利用可能に
  • Microsoft版“おサイフケータイ”「Microsoft Wallet」が米国で利用可能に
  • Microsoft版“おサイフケータイ”「Microsoft Wallet」が米国で利用可能に
 米Microsoftは現地時間21日、Windows Insider Programのメンバーに対して、新しいモバイルデバイス向けのWindows 10 プレビュー版(ビルド番号:14371)を公開した。新たなプレビュー版では、実店舗においてモバイル決済機能「Microsoft Wallet」が利用可能となる。

 すでにライバル他社であるAppleやGoogleは、それぞれ「Apple Pay」「Google Wallet」といった電子決済サービスをスタートしているが、Microsoftはこの分野で遅れをとっていた。

 新機能はまず米国で開始され、対象機種はLumia 950/950 XL/650となっている。対応するクレジットカードはMasterCardとVisaで、100万を超える小売店舗で利用可能となることが同時に案内されている。

 ただ、残念ながら対応機種が少ないことや、店舗側のインフラ整備が課題となるため、今後日本でスタートするのか、そして仮にスタートしても普及するのか否かについては疑問が残る。
《Tsujimura》

関連ニュース

特集

page top