筆跡やスピード&筆圧で本人確認を行うサイン認証技術 | RBB TODAY

筆跡やスピード&筆圧で本人確認を行うサイン認証技術

IT・デジタル セキュリティ

最初に数回サインすることでサインの特徴を学習させる。形状が類似していても速度、タイミングなども検出しているため、第三者のなりすましは困難となっている(撮影:防犯システム取材班)
  • 最初に数回サインすることでサインの特徴を学習させる。形状が類似していても速度、タイミングなども検出しているため、第三者のなりすましは困難となっている(撮影:防犯システム取材班)
  • ある程度文字の形が崩れても、筆跡の特徴、速度などの類似性から本人検出が可能。もちろん他人が見た目だけ真似ても認証されることはない(撮影:防犯システム取材班)
 ワコムアイティは、東京ビッグサイトで開催されていた「第13回情報セキュリティEXPO・春」において、スマートフォンやタブレット端末等に指先やペンでサインすることで、本人認証を手軽に行える「Lafcadioサイン認証」の実演展示を行った。

 「Lafcadioサイン認証」は同社と島根大学が共同開発した手書きサイン認証技術で、一般的なスマートフォンやタブレット端末を利用することで、本人認証を低コストで可能としている特徴がある。

 いわゆるサインの形状だけの認証ではなく、書き順や速度などのタイミングも合わせて照合しており、筆圧検知などが取得できる端末の場合は、それも合わせて照合し、本人検知精度を高めている。

 従来の数字パスワードでは4ケタ程度というのが一般的だが、セキュリティの面から見ればかなり脆弱といえるが、複数の認証項目をクリアした上で、本人であることを確認する「Lafcadioサイン認証」は十分なセキュリティが担保されているそうだ。

 また、サイン認証は他の生体認証と比較すると、専用端末を必要としないため導入コストを抑えられるので、導入面での敷居が低いのも特徴となる。
《防犯システム取材班/小池明》

関連ニュース

特集

page top