高畑充希、“岡山弁”に挑戦!---今回で3つ目の方言 | RBB TODAY

高畑充希、“岡山弁”に挑戦!---今回で3つ目の方言

エンタメ 映画・ドラマ

『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』(C)2017 ひるね姫製作委員会
  • 『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』(C)2017 ひるね姫製作委員会
  • 『ひるね姫  ~知らないワタシの物語~』 (C)2017 ひるね姫製作委員会
  • 『ひるね姫  ~知らないワタシの物語~』 (C)2017 ひるね姫製作委員会
「攻殻機動隊S.A.C.」シリーズのアニメーション監督・神山健治が手掛ける最新作『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』。この度、本作の主人公・森川ココネ役に、いま最も注目されている女優のひとり、高畑充希が決定。本編に先駆けわずかなシーンのアフレコが行われ、高畑さんの声が収められた特報映像も解禁された。

2020年、オリンピックを2日後に控えた日本。「なんでこんなに眠てえんじゃろう?」岡山に父親と2人で暮らす女子高生の森川ココネは、所かまわず昼寝をしては怒られる。そんな彼女はあるとき、最近いつも同じ夢を見ていることに気づく。窮屈で、でもどこか温かいその夢は、彼女の知らない家族の秘密に繋がっていたのだった――。

これまでテレビアニメーションには2度出演経験のある高畑さん。しかし、アニメーション映画は今回が初挑戦。「表情は自分じゃないのでとても難しいです。私は自分の声はクセが強いように感じているので、声優としてオファーを受けたときは嬉しかった半面『私でいいんだろうか』とも思いました」と不安があったと高畑さんは語る。だが一方で、「神山監督が丁寧にキャラクターを伝えてくださったので、できるだけ監督のイメージに合うように、何度でもトライしたいと思います」と意気込みも語った。

本作は、岡山県倉敷市児島が舞台ということで、高畑さんは“岡山弁”を披露することに。今年だけでも「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」での博多弁、現在放送中の連続テレビ小説「とと姉ちゃん」では遠州弁を披露してきた高畑さんでも、「方言は難しいですね」と、改めて漏らす。今回で3つ目の方言を使う役を演じる高畑さんは、「岡山の方が聞いても違和感がない音を目指したいです」とコメント。そしてタイトル『ひるね姫』にかけて、“昼寝は得意ですか?”という質問には、「お昼寝はめっちゃ得意です(笑)。現場の空き時間ではだいたい寝ています。共演者に寝顔を撮られることも」と語り、演じるキャラクターとの相性はバッチリのようだ。

今回解禁されたのは、美しいピアノの旋律と共に気持ちよさそうに眠る女の子が映し出される特報映像。授業中に居眠りをしてしまった彼女はみんなの笑いものに。そんな彼女は、この物語の主人公・森川ココネ。「なぁんでこんなに一日中眠てえんじゃろう?」と、主人公の声を演じる高畑さんのナレーションで映像は進んでいく。

所かまわず昼寝ばかりの彼女だが、最近いつも同じ夢を見ていることに気づく。南京錠で閉じられたドレスをまとった女の子に、動くぬいぐるみ、近未来を思わせる都市に築かれた巨大建築物、そして変形ロボット…。と、脈絡なく現れるそれらの映像に続いて、亡き人を偲ぶ父親の姿。一体それらは現実なのか夢なのか。ココネの成長過程を記録した写真、何かを見つめ涙ぐむココネ、カメラに向かって走ってくる謎の女の子。最後は、畳の上に放っておかれたぬいぐるみの姿が現れ映像は終了してしまう。


ココネが見るいつも同じ夢に隠されている家族の秘密とは? “父と娘の物語”だと制作発表時に語っていた神山監督が意図するものとは何なのか? ますます公開が楽しみだ。

『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』は2017年、全国にて公開予定。

【特報映像】高畑充希、遠州弁の次は“岡山弁”に挑戦! 『ひるね姫』主人公に

《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top