マツコ・デラックス、10年前はゲイ雑誌の編集をやっていた!? | RBB TODAY

マツコ・デラックス、10年前はゲイ雑誌の編集をやっていた!?

 9日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ)に、ライターで女装パフォーマーのぶルボンヌが出演。マツコ・デラックスとの10年前のエピソードを語った。

エンタメ 映画・ドラマ
マツコ・デラックス【写真:鶴見菜美子】
  • マツコ・デラックス【写真:鶴見菜美子】
 9日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ)に、ライターで女装パフォーマーのブルボンヌが出演。マツコ・デラックスとの10年前のエピソードを語った。

 この日の同番組は、ピーコを始めとして、IKKO、IVAN、KABA.ちゃん、ぺえ、などおねえタレント13名が集結。佐藤かよも出演し、幼少時代から自分を女だと思っていたことを語るなど、それぞれの「女の歴史」を語ったが、ブルボンヌは10年前ゲイ雑誌の編集者だった頃について語った。

 ブルボンヌによれば、実はマツコ・デラックスはゲイ雑誌編集時代の後輩で、デスクも隣同士。当時ブルボンヌはまだ女装を始めておらず、ゲイのおじさんという風体で編集の仕事を務めていたそうだが、一方マツコは当時から女装に興味を持ち始めていたのだという。ブルボンヌは当時を振り返り、「夜中の2時に(マツコが)『ねぇ』、って声かけてきて。『ねぇ、良くない?』って」と、振り返るとマツコが顔の半分だけを女装していた、というエピソードを披露。マツコのデビュー前の秘話に、スタジオは大笑いとなった。
《築島 渉》

関連ニュース

特集

page top