稲村亜美が“神スピード”…めざせ始球式最多登板 | RBB TODAY

稲村亜美が“神スピード”…めざせ始球式最多登板

エンタメ スポーツ

 “神スイング”稲村亜美が24日、プロ野球の始打式&始球式に登場、始球式での球速は103km/hを記録して、スポーツファンを感嘆させた。

 千葉市のQVCマリン球場で開催された千葉ロッテ対オリックス戦、千葉ロッテマリーンズの特別ユニフォームを着て稲村は登場した。始打式ではマリーンズのエース、涌井秀章投手と対戦し、“神スイング”も1球ファウルが精一杯で三振。しかし続く始球式では、「今回は100キロ超えてまさかの103キロ!!!」(本人ツイート)。

 これにはネットの反応は「自己最速おめでとうございます」「女子で103kmは凄い」と、賞賛のリツイートが続く。さらに「スパイク履いて投げればもう少し速い球投げられるんじゃないですか?」「110いけそうですよ」「次は大谷越えの163キロですね!」「ドラフト1位で指名させていただきます」とコメントはエスカレート。

 この日に稲村が着たユニフォームの背番号は3。やはり本人のツイートによると「今回は3球団目なので背番号は3です!!!!!」。これに対しても「最多始球式記録目指して下さい」のコメントが……。


《高木啓》

関連ニュース

特集

page top