NTT東日本とALSOKが中小企業向けマイナンバー対策の販売を協業 | RBB TODAY

NTT東日本とALSOKが中小企業向けマイナンバー対策の販売を協業

 NTT東日本と綜合警備保障(ALSOK)は、中小企業のマイナンバー制度向けのセキュリティ対策に関する販売協業を3月31日より開始し、両社の提供するサービスをそれぞれの顧客に対してプロモーション及び提供を行っていく。

IT・デジタル セキュリティ
マイナンバーの取り扱いには高度なセキュリティが求められるため、ネットワーク面ではNTTが、物理的なセキュリティはALSOKがそれぞれ受け持ち、中小企業向けに提案していく(画像はプレスリリースより)
  • マイナンバーの取り扱いには高度なセキュリティが求められるため、ネットワーク面ではNTTが、物理的なセキュリティはALSOKがそれぞれ受け持ち、中小企業向けに提案していく(画像はプレスリリースより)
 NTT東日本と綜合警備保障(ALSOK)は、中小企業のマイナンバー制度向けのセキュリティ対策に関する販売協業を3月31日より開始し、両社の提供するサービスをそれぞれの顧客に対してプロモーション及び提供を行っていく。

 提供されるのは、NTT東日本のオンラインストレージサービス「フレッツ・あずけ~る PROプラン」と、綜合警備保障の「ALSOK監視カメラシステム」「出入管理システム」となる。

 「フレッツ・あずけ~る PROプラン」は、クラウド上にマイナンバー情報を安全に保存し、回線や端末の認証機能やアクセスログの蓄積などを備えた中小企業向けストレージサービスで、すでに約1万社に導入されている。

 一方、ALSOKは事務所のセキュリティを物理的に向上させるための監視カメラ、出入管理システムなどのマイナンバー制度対応の警備システムを多く展開している。

 両社は中小企業のマイナンバー制度対応促進としてノウハウを共有して販売協業を行い、今後中小企業向けの新たなサービスの検討も行っていくとのこと。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top