AIを活用した不審者検出技術!NTT ComとALSOKが実証実験 | RBB TODAY

AIを活用した不審者検出技術!NTT ComとALSOKが実証実験

IT・デジタル セキュリティ

再照合技術のフィールド実験の様子。特定人物の特徴をAIで抽出し、複数のカメラを跨いだ映像から同一人物の候補を100%の確率で推定することに成功した(画像はプレスリリースより)
  • 再照合技術のフィールド実験の様子。特定人物の特徴をAIで抽出し、複数のカメラを跨いだ映像から同一人物の候補を100%の確率で推定することに成功した(画像はプレスリリースより)
  • 時系列Deep Learning技術では、「きょろきょろする」「荷物を置く」などの不審な動作をあらかじめAIに学習させておき、映像データから自動で検知する(画像はプレスリリースより)
  • 大規模集客施設などにおける不審人物の追跡や、不審な行動をとる人物について警備員に発報するといった使用法が想定される(画像はプレスリリースより)
 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は綜合警備保障(ALSOK)と連携し、人工知能(AI)技術による監視カメラの映像をもとにした不審者の動作検出や、複数カメラに映る同一人物の推定&検出といった技術の実証実験が成功したことを30日に発表した。

 実証実験は、2015年12月~2016年1月に実施され、オフィスビルや商業施設、大規模イベント会場など、不特定多数の人が集まる環境下での防犯対策や、「ソフトターゲット」と呼ばれる比較的警備が手薄な場所を標的にしたテロ等に対する警戒・警備の強化を目的に実施。

 今回検証されたのは、AIを活用し、複数の監視カメラがとらえた映像から同一人物を抽出する再照合技術や、あらかじめ設定した人間の特定の動作を高精度で識別する「時系列Deep Learning」技術となる。

 再照合技術の実証実験では、ある人物がエスカレーターを使い、複数のフロアを移動をとらえた監視カメラ映像から、同一人物の候補を抽出するという形で行われたが、その精度は100%だったそうだ。

 時系列Deep Learning技術の実験実験では、「きょろきょろする」「荷物を置く」などの不審な動作をあらかじめAIに学習させておき、映像データからそれらの動作の自動検知を行ったところ、こちらも高い精度での検知を実現したという。

 今後は、空港関連施設、イベント会場、大規模商業施設などそれぞれの利用シーンに応じ、両社で引き続き共同実証実験等を通じて有用性を確認しながら、実用化に向けて開発を進めていく。

 また、NTT Comは映像データの解析を可能とする「映像解析プラットフォームサービス」(仮称)の提供を検討しており、店舗や製造工場における不審行動の検出、2020年に向けて観光客の増加が見込まれる施設の防犯対策などに応用できるサービス開発を進めていくという。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top