爆弾テロ対策に活用、ポータブル型爆発物検出器のレンタルが開始 | RBB TODAY

爆弾テロ対策に活用、ポータブル型爆発物検出器のレンタルが開始

IT・デジタル セキュリティ

同製品の使用イメージ。ウォームアップは5~18秒程度、反応時間1秒以上、検出後の内部クリーニング5秒以内と、迅速な爆発物検出が可能(画像はプレスリリースより)
  • 同製品の使用イメージ。ウォームアップは5~18秒程度、反応時間1秒以上、検出後の内部クリーニング5秒以内と、迅速な爆発物検出が可能(画像はプレスリリースより)
  • 本体サイズは500mlペットボトルサイズ。爆発物を取り扱った人の衣服や、爆発成分が付着したものの表面からでも痕跡を検出することができる(画像プレスリリースより)
  • 同製品を使った使用風景。世界的にテロの脅威が高まる中で、これまで金額面、保守面で導入が難しかった爆発物検出器を使った検査を実現可能にするサービスとなる(画像プレスリリースより)
 レックスは23日、自社が運営する計測機器レンタル専門サイトにて「ポータブル型爆発物検出器mini EXPLONIX」のレンタルを業界で初めて開始したことを発表した。

 「mini EXPLONIX」は海外をはじめ、国内でも重要施設警備などに使用されている赤外線式の爆発物探知機。10秒未満の測定時間で爆薬に反応し、TATPや、ホームメード爆薬(即席爆発装置、自家製爆弾)、マーカー付きのプラスチック爆薬(PETN/RDX、SEMTEX、C4等)、マーカーなしの爆薬など、多くの爆薬成分をナノグラム精度まで高速で検出できる特徴を持つ。

 使い方も簡単で、専用のサンプリング紙で対象物をこすり、その紙を「ポータブル型爆発物検出器mini EXPLONIX」にあてるだけ。測定値は数字で表示されるが、通常5,000ng/s以上の数値で危険とみなされるので、それが目安となる。爆弾の製作や収納の際に付着したごくごく微量な爆薬成分にも反応するため、高い精度で爆発物を検出することができる。

 同製品を現在レンタルで扱っているのは国内では同社のみ。販売価格はメーカー定価で約470万円だが、レンタルでは最短5日間から扱っているため、期間限定イベントなどでのスポット利用が容易となっている。レンタル料金に関しては、個別見積もりとなる。また、購入した場合は定期的なメンテナンスが必要となるが、レンタルであれば定期的な点検が行われており、さらに借りた機器が故障した場合も補償も用意されているという。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top