芦田愛菜、鼻の下が伸びるセーラー服姿 | RBB TODAY

芦田愛菜、鼻の下が伸びるセーラー服姿

エンタメ 映画・ドラマ

芦田愛菜「OUR HOUSE」
  • 芦田愛菜「OUR HOUSE」
  • 芦田愛菜「OUR HOUSE」
  • 芦田愛菜「OUR HOUSE」
  • 芦田愛菜「OUR HOUSE」
  • 芦田愛菜「OUR HOUSE」
「101回目のプロポーズ」「ひとつ屋根の下」シリーズなどで知られる野島伸司が脚本を担当し、珠玉のハートフルホームコメディーを紡ぐドラマ「OUR HOUSE」。芦田愛菜とシャーロット・ケイト・フォックスが初共演にしてW主演を務めることでも話題の本作から、芦田さんが初の中学生役に挑戦した“セーラー服姿”が公開された。

ドラマの舞台は、東京・世田谷の、とある住宅街。都会に近いながらも、路面電車が走り、どこかのどかな雰囲気が残されている町。ここで暮らす、核家族化とは無縁な清貧の大家族・伴一家。主人公の伴桜子は、4人兄弟の2番目の長女。半年前に、聖母のように優しかった母親が病気で他界してから、自分が家族を仕切らなければ…という責任感から、一家の家事全般を一手に引き受けている。桜子自身は、家族のために良かれと思ってやっているものの、“鬼軍曹”さながらに他の家族には有無を言わさぬほど非常に厳しい言動が多く、知らぬ間に家族を恐怖で震え上がらせていることも多々ある。

母親の喪失という大きな傷が癒えない中で、人は良いがどこか抜けている父親・奏太が仕事先のアメリカで電撃的に知り合い、交際0日にも関わらず、現地で結婚したアメリカ人女性のアリス・シェパードを新しい母親として連れ帰ってくる。母親が亡くなってから半年しかたっていないのに、1日も付き合ったことがない外国人と結婚するなんて考えられないと憤慨する桜子は、“鬼軍曹”としての実力を余すところなく発揮し、あの手この手で「新しい母親」であるアリスを追い出すべく、家族全員を巻き込み、様々なバトルを仕掛けていく…。

「マルモのおきて」で連続ドラマ初主演を果たして以降、数々のドラマや映画で活躍する芦田さんが、“毒舌で家族を仕切る中1の鬼軍曹”という、これまでにない役に挑戦する本作。実年齢よりもひとつ歳上の“中学一年生”ということで、「ずっと憧れていた」というセーラー服姿を、今回初披露した。芦田さんは、ドラマの衣裳合わせで初めてセーラー服を着た感想を「周りに皆さんがいらっしゃったからできなかったんですけど、もし誰もいなかったら『イエーイ!』と叫んで、一人で鏡を見ながら“ファッションショー”をやっていたと思います(笑)。その後、ずっとニヤニヤして鼻の下が伸びていました(笑)。セーラー服に憧れていたので舞い上がっています」とふり返り、ポスター撮影時にその姿をみた“天然直情型新米ママ”を演じるシャーロットさんは、「カワイイネ!」と大絶賛したという。

現在は実際セーラー服を着てドラマの収録が進んでおり、「いつもはランドセルですが、(このドラマでは)肩掛けバッグなので背中がスースーする(笑)」と、セーラー服での撮影を楽しみながら、「中学生になると、部活や勉強がもっと大変になると思いますけど、来年中学生になるのが本当に楽しみになりました」と、実際の中学生への憧れも強くなったようだ。

かわいらしい外見からは想像もできないほど、すさまじい毒舌を繰り出して家族を制圧する“鬼軍曹”という役柄と、初々しくみずみずしいセーラー服姿で、いままでにない役を演じる芦田さんがどんな表情をみせるのか注目だ。

「OUR HOUSE」は4月、毎週日曜日21時よりフジテレビにて放送予定。

芦田愛菜、憧れの“セーラー服”姿を初披露!「ずっとニヤニヤしてた」

《text:cinemacafe.net》

特集

page top