Dream・Ami、ディズニー主題歌をファン300人と熱唱 | RBB TODAY

Dream・Ami、ディズニー主題歌をファン300人と熱唱

エンタメ 映画・ドラマ

Dream Ami
  • Dream Ami
  • Dream Ami
  • 会場に集まった300人のファン
  • 「ズートピア」(C)2016 Disney. All Rights Reserved./Disney.jp/Zootopia
  E-girlsのメンバーとしても活動するDreamのAmiが15日、4月23日に公開されるディズニー・アニメーション最新作「ズートピア」のスペシャルイベントに登場。自身が担当する主題歌「トライ・エヴリシング」を生披露した。

 会場に集まったファン300人の歓声に迎えられ、真っ白な衣裳で登場したAmi。「ズートピア」の主題歌を担当することが決定した瞬間を振り返り、「まさか自分の人生の中でディズニー主題歌を歌える日がくるなんて思っていなかったです。小さい頃からディズニー映画には勇気をもらっていました。いきなり夢が叶ったみたいです」と興奮。

 映画の冒頭で流れる「トライ・エヴリシング」は、夢を叶えるため大都会“ズートピア”へ向かう主人公ジュディが、自分を励ますために聞く曲。Amiも故郷の大阪から夢を追いかけて東京にやってきた経験から、「新幹線に乗って大阪から東京へ向かったことを思い出しました」と明かした。またデビュー当時は、自分が思い描いていたアーティストになれず「辞めた方がいいのかな」と考えたというAmi。しかし、「その時の自分たちの最善をつくして今があるので、あきらめなくて良かったなと思います」と振り返った。さらに「E-girls としてはいつかドームツアーがしたい!Ami としてはドームとはいかないけれど、ソロライブをいつかしたいです」と今後挑戦したい“夢”について語った。

 最後にDream Amiが「トライ・エヴリシング」を生披露すると会場のボルテージは最高潮になり、サビの「オオオオオ~」の部分はファンも一緒に熱唱。歌い終わったAmiは、「1人で心細かったけど、一緒に歌ってくれて、みんなに背中を押してもらえました」と感謝した。
《木村》

関連ニュース

特集

page top