でんきに続くau新商品は「ほけん」と「ローン」……スマホとのセット割引も | RBB TODAY

でんきに続くau新商品は「ほけん」と「ローン」……スマホとのセット割引も

エンタープライズ モバイルBIZ

代表取締役執行役員専務の高橋誠氏
  • 代表取締役執行役員専務の高橋誠氏
  • au WALLETによる同社独自の経済圏
  • 2016年4月のサービスインを予定している新商品
  • auが過去に関わってきた金融サービス
  • 「auの生命ほけん」の詳細
  • 「auのローン」の詳細
 KDDIは17日にau戦略説明会を実施。今年4月より、「auの生命ほけん」、「auの損害ほけん」、「auのローン」の3つを新たなサービスとして提供していくことを発表した。

 会場では代表取締役執行役員専務の高橋誠氏(※高は正しくは旧字体)が、まず同社の3M戦略(マルチユース、マルチネットワーク、マルチデバイス)を振り返った。「au ID」を中心におくことで利用を簡便化し、auスマートパスやau WALLETによって同社独自の経済圏を構築。結果、au WALLETについては、累計で1810万枚の申し込みを得るに至った。

 これらの先にあるものとして、同社が2016年以降における新たな戦略として掲げたのが“一人一人のライフデザイン”だという。

「携帯料金の引き下げ、電力自由化、マイナス金利などにより、2016年は家計見直しの年と言われている。そのなかでも特に注目を集めているのが住宅ローン、保険、通信料、電力の4つだ」(高橋氏)

 同社ではすでに発表のあった「auでんき」に加え、今後「auの生命ほけん」、「auの損害ほけん」、「auのローン」の3つを新たなサービスとして提供する。こうした金融サービスについては、共同出資による「じぶん銀行」や「au損保」の設立、ライフネット生命保険への出資といった実績があるが、これらを消費者目線から整理したのが、今回の取り組みとのことだ。

■低価格な金融商品をラインナップ

 今回提供するサービスを高橋氏は革新的なフィンテック商品だと語っている。保険商品についてはライフネット生命の商品を販売代理することになるが、その最大の魅力は価格の安さであると強調。システムを軽量化し、対面商品ならではのコストを削減し、付加保険料を抑えたことで、見直し前後では月額平均で保険料を6,284円安くできるという(2014年調べ)。

 具体的には、「auの生命ほけん」の定期死亡保険は月額740円(30歳男性で保険金額500万円の場合)。医療保険は30歳男性で月額1,470円から、30歳女性で1,776円からとなる。損害保険では交通事故や日々のケガを補償する「au障害ほけん」を月額310円から提供。“ちょい足し”というキャッチコピーで、「au自転車向けほけん」「auペットほけん」「au海外旅行ほけん」「au国内旅行ほけん」「auゴルフほけん」なども用意した。

 一方、住宅ローンではじぶん銀行の商品を取り扱うが、変動金利全期間引下げプランで年利は0.568%。ガンと診断された場合には、ローン残高を半額にするオプションも用意する。

■手続きを簡略化し、対面サポートも

 これらの商品については申し込み手順も簡略化される。スマホやパソコンから24時間いつでも申し込みができ、審査書類はスマホで撮影して送信するのみ。すべてがネット上での手続きとなったことで、支払も最短2日まで短縮されるとのことだ。

「ネット保険となるとユーザーに不安があるようだが、auというブランドによって安心感を提供できると考えている。ただ、お客様のなかにはどうしても対面で話をして、納得してから契約したいという声も多いようだ」(高橋氏)

 「平成27年度 生命保険に関する全国実態調査」(生命保険文化センター調べ)によると、生命保険加入のチャンネルとして、通信販売はわずか2.2%にとどまっている。そこで、ユーザーのインサイトに対応すべく、同社が設置を予定しているのが「auフィナンシャルサポートセンター」だ。

 同センターは保険・ローン商品におけるコールセンターとして機能し、有資格者が問い合わせに対応。さらに、auショップに彼らを派遣しての対面サポートも行うという。

「対面サポートは商品の利点と矛盾すると思うかもしれないが、今回はコスト削減を実施したうえで、安心感をどう作るかというのを考えた。日本全国に約2,500店舗あるショップを接点として、お客様のライフスタイルを深く理解し、長くお付き合いできるような戦略を実現していきたい」(高橋氏)

 なお、気になるセット割引については、詳しい情報は明らかにされなかったが「おいおい話をしていく」(高橋氏)としている。
《とびた》

関連ニュース

特集

page top