NTT西日本などが「スマート光フットサル」開催へ | RBB TODAY

NTT西日本などが「スマート光フットサル」開催へ

エンタープライズ 企業

NTT西日本公式サイト
  • NTT西日本公式サイト
西日本電信電話(NTT西日本)、東急スポーツオアシス、ゴールドウインの3社は、大阪市の東急スポーツオアシスもりのみやキューズモールでバイタルデータを活用した「スマート光フットサル」を1月24日より共同開催する。

スマート光フットサルは、フットサルコート利用者の運動レベルを「ハッスル指数」として視える化するイベントだ。NTTスマートコネクトが提供する「ココロの視える化サービス」を活用したイベント第2弾。バイタルデータを活用したスポーツの新たな楽しみ方やワクワク感を提供する。

運動レベルは、心拍数や移動距離等のバイタルデータを総合的に判定して「ハッスル指数」として「視える化」。プレイ終了後に専用サイトに表示する。プレイ中の心拍数、運動強度等は心電波形で取得し、コートに設置した大型ディスプレイにリアルタイムで表示。プレイ終了後には、3軸加速度により、移動距離、最高スピード等のデータを専用サイトに表示する。

利用者はゴールドウインのウエアラブルセンサー「C3fit IN-pulse(シースリーフィット インパルス)」を着用する。着用者の心電波形や3軸加速度等の情報は、NTTドコモのデータ転送装置「hitoeトランスミッター01」と組み合わせて常時取得。

収集したバイタルデータは、日本電信電話サービスエボリューション研究所の独自アルゴリズムで解析し、心拍数の変化や移動距離、移動速度などを専用のモニターやタブレットに表示する。

開催期間は1月24日~3月27日。利用料はフットサルコート利用料に準じる(イベント参加による追加料金はなし)。申し込み方法は、東急スポーツオアシスもりのみやキューズモール フットサルパーク申し込みサイトから行う。

NTT西日本などが「スマート光フットサル」…運動レベルを視える化するイベント

《美坂柚木@CycleStyle》

関連ニュース

特集

page top