アマゾン、韓国ソウルにAWSクラウド向けデータセンターを開設 | RBB TODAY

アマゾン、韓国ソウルにAWSクラウド向けデータセンターを開設

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

AWS「Asia Pacific(Seoul)」リージョン紹介サイト
  • AWS「Asia Pacific(Seoul)」リージョン紹介サイト
  • リージョンの参照画面
 アマゾン ウェブ サービスは8日、韓国にクラウド向けデータセンターを開設し、「Asia Pacific(Seoul)」リージョンを新たにオープンしたことを発表した。12番目のリージョンとなる。

 「Asia Pacific(Seoul)」リージョンは、AWS Management Consoleのリージョンメニューから参照可能。これにより、同地域のユーザーは、AWSのインフラストラクチャサービスを、従来より高速かつ低遅延で利用することが可能となる。

 ソウルリージョンでは、Amazon EC2、Amazon Elastic Block Store、Amazon Virtual Private Cloudなどのサービスをサポートする。Amazon Route 53とAmazon CloudFrontでは、2つのエッジロケーションが利用可能。AWS Direct Connectに対応し、KINX経由で利用できる。

 現地では、Samsung、Nexon、Mirae Asset Global Investments Group、Eastar Jet、The Beatpacking Companyなどの企業が、AWSを利用している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top