ももクロ&ヒャダイン、“確執”解消で約3年ぶりにタッグ! | RBB TODAY

ももクロ&ヒャダイン、“確執”解消で約3年ぶりにタッグ!

エンタメ 音楽

ももいろクローバーZ【写真:中村】
  • ももいろクローバーZ【写真:中村】
  • ももいろクローバーZ【写真:中村】
  • ももいろクローバーZ【写真:鶴見菜美子】
  • ももいろクローバーZのメンバー(映画「幕が上がる」完成披露試写会より)【写真:田中】
 アイドルグループ・ももいろクローバーZが2月17日にリリースする3枚目のアルバム『「AMARANTHUS(アマランサス)』に、ヒャダインこと前山田健一が提供した楽曲が収録されることが4日、わかった。

 前山田は作詞・作曲・編曲を手がけた「行くぜっ!怪盗少女」をはじめ、後にももクロの代表曲となる楽曲をこれまでに多数提供し、ももクロをメジャーデビューから支えてきた。しかし2013年にリリースされたももクロのセカンドアルバム『5TH DIMENSION』の発売後、同アルバムを批判するようにも受け取れる意味深なツイートを投稿。ファンの間では、この発言が両者の蜜月関係にヒビを入れたとされ、以来、ももクロと前山田がタッグを組むことはなかった。

 しかし昨年7月31日に静岡・エコパスタジアムで開催されたももクロのライブ「ももいろクローバーZ 桃神祭2015」の会場にリングが用意され、ももクロのマネージャーである川上アキラ氏と前山田が過去の因縁に決着をつけた。

 かくして“歴史的和解”を遂げたももクロと前山田。両者のタッグは実に前アルバム以来、約3年ぶり。前山田が作詞作曲を手掛けた楽曲「武陵桃源なかよし物語」が新アルバムに収録される。
《花》

関連ニュース

特集

page top