【NHK紅白】本番に期待!小林幸子の“進化した”「メガ幸子」 | RBB TODAY

【NHK紅白】本番に期待!小林幸子の“進化した”「メガ幸子」

「第66回NHK紅白歌合戦」のリハーサルが30日、東京・NHKホールにて行われ、歌手の小林幸子が、“メガ幸子”の衣装で臨んだ。

エンタメ 音楽
小林幸子【写真:竹内みちまろ】
  • 小林幸子【写真:竹内みちまろ】
  • 第66回NHK紅白歌合戦【写真:竹内みちまろ】
 「第66回NHK紅白歌合戦」のリハーサルが30日、東京・NHKホールにて行われ、歌手の小林幸子が、“メガ幸子”の衣装で臨んだ。

 巨大衣装が期待されている小林だが、“メガ幸子”については「一番強烈に覚えていて下さっていたものが“メガ幸子”なんです」と振り返った。4年ぶりの復帰を果たす紅白のステージに“メガ幸子”を選んだ背景には、「ネオ幸子」として復活するという意味も込めていることを明かした。また、装飾などは今回の大舞台のために、スタッフたちが一丸となって新しく完成させたそうだ。

 “進化した”「メガ幸子」ともいえる今回の衣装は、総重量5トン、高さ9メートル、幅7.2メートルという巨大なもの。小林は、目線が高さ5メートルを超える空中までせり上がる。NHKホールの舞台担当者などはみんな顔なじみといい、担当者たちから「おかえりなさい」と声を掛けられたエピソードを紹介する一幕もあった。久しぶりにNHKホールでせり上がった感想を尋ねられ、「懐かしいです。みんなすごく協力してくれたので、嬉しいです」と笑顔を見せた。

 小林は、特別企画「ザッツ、日本!ザッツ、紅白!」に出演する。「今までの紅白を彩って来た人というくくりで呼ばれたことは、私にとって誇りです」と感慨深げに心境を言葉にした。

 リハサールでは、一部演出が予定通りなされず、“進化した”「メガ幸子」の全容は明かされなかったが、小林は「大丈夫だと思います」と笑顔で語った。
《竹内みちまろ》

関連ニュース

特集

page top