【まちてん】地域の魅力を効果的に発信!「地域ブランディング」成功の秘訣 | RBB TODAY

【まちてん】地域の魅力を効果的に発信!「地域ブランディング」成功の秘訣

エンタープライズ 企業

地域活性化センターの畠田千鶴氏
  • 地域活性化センターの畠田千鶴氏
  • Discover Japan誌のプロデューサー 高橋俊宏氏
  • ディスカバーリンクせとうちの取り組み
  • アンテナショップは地域活性化の成功事例と紹介する畠田氏
  • 都内を中心に増え続けるアンテナショップ
  • アンテナショップのビジネスモデル
 地方創生まちづくりのイベント「まちてん」の開催初日となった28日、エイ(木へんに世)出版社の高橋俊宏氏、地域活性化センターの畠田千鶴氏が「地域ブランディング」をテーマにトークセッションを行った。

 はじめにDiscover Japan誌のプロデューサーである高橋氏が、日本全国の地域ブランディングと情報発信の最前線を紹介。「本誌創刊の頃から日本の魅力は地方にあると感じていた。私自身が地元の良さを再認識したことがきっかけ」と振り返りながら、広島県の尾道市でOnomichi U2が展開する、港の倉庫を改装したサイクリストホテルやショッピングモール、レストラン、バーなどの事例を挙げた。

 まちづくり会社「ディスカバーリンクせとうち」が実施するプロジェクトでは古民家のリオンベーションや地域の特産品であるデニムのブランド化にも挑戦している。プロジェクトの狙いは場づくり、ものづくりなどによる「雇用創出」。街に若者や観光客が増えることで、地域の活性化に結び付ける。

 京都の舞鶴市ではデザイナーが新しいロゴを作成。舞鶴といえば海と軍港、赤レンガ倉庫で有名な街だが、その歴史をモチーフにして発信する試みも始まった。また奈良市では、公共施設を賑わいの場所にリノベーション。高橋氏は公民館の1階にコミュニティスペースをつくった取り組みを紹介しながら「いわゆるサードプレイスとして、地元の方々に居心地よく集ってもらえる場所をつくった。インバウンドの利用者も多い」(高橋氏)と成果をアピール。また高橋氏は「若者を取り込むことが地域ブランディングの重要なポイント。現代の感覚でかっこいい、素敵と感じられる感覚を持って取り組むことが大事。いまそれが各地で生まれてきている。最先端が地方にもあることを伝えたい」と続けた。

 畠田氏は「地域活性化センターは一般財団法人なので少し固い団体だが、地域振興の足場作りをサポートして、以後、クリエイティブな方々と結び付けるところまでの使命を帯びている組織。私が好きなラグビーに例えるなら、フォワード(自治体)から供給されたボールを、バックス(メディアや企業)にパスしてつなぐスクラムハーフやスタンドオフの立場」と自己紹介をしつつ、いま自治体サイドが取り組むブランディングの内容を解説した。

 畠田氏は和食がユネスコの無形文化遺産に登録されて以後、農水省が中心になって日本食にまつわる食材のブランド化などが進められている現状を紹介。文化や観光、歴史、景観など地域ならではの魅力をプロモーションしていくという機運も全国で高まり始めているという。

 地域の情報発信における現状の課題については、「アピール活動のスペシャリストとなる人材を育てること。地域資源の発掘とPRのコーディネートができる人材が不足している。外部の人々とのネットワーキングも大事」だと畠田氏は語る。地域活性化センターでは、この課題解決に向けた勉強会を実施しているという。
《山本 敦》

関連ニュース

特集

page top