東芝、従来より10倍以上高速な「金属3Dプリンター」を試作 | RBB TODAY

東芝、従来より10倍以上高速な「金属3Dプリンター」を試作

エンタープライズ ハードウェア

試作機の外観
  • 試作機の外観
  • 「東芝機械」サイト
 東芝と東芝機械は25日、新方式の「3D金属プリンター」試作機を共同開発したことを発表した。従来方式と比較し、約10倍以上の速度で、造形が可能だという。

 従来方式では、金属材料を敷き詰めたパウダーにレーザを照射し、任意の部分を溶融させ積層させる「パウダー・ベッド・フュージョン方式」が主流だった。この方式では、パウダーを1層ごとに敷き詰める工程と、造形部分にレーザを照射する工程を、繰り返す必要があった。

 新方式では、レーザ照射と同時に金属粒子を噴射する「レーザメタルデポジション方式」を採用。あわせて、流体シミュレーション技術を活用し、噴射領域を集束させる造形ノズルを新開発した。これにより、1時間あたり110ccの造形速度を実現したという(レーザ出力800W)。新方式は、材料の必要な部分のみ造形できるため、従来方式より低コストで大型の造形も可能とのこと。

 材料は、ステンレス鋼、インコネル、鉄などに対応。部分的に素材を変えた部品の造形も可能となっている。今後は、2017年以降の実用化を目指す。東芝機械が、装置本体の製造を担当し、2017年以降に販売の予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top