テレビ東京、2016年移転に向け4Kスタジオシステムなどを大量発注 | RBB TODAY

テレビ東京、2016年移転に向け4Kスタジオシステムなどを大量発注

エンタープライズ ハードウェア

テレビ東京が入居する予定のビル(イメージ図)
  • テレビ東京が入居する予定のビル(イメージ図)
  • 導入システム概要
  • HDC-4300
  • XDCAM Stationのラインアップ
 ソニービジネスソリューションは11日、テレビ東京の新社屋(2016年移転予定)向けに、ソニーの最新映像制作機器およびシステムを受注したことを発表した。2016年秋から運用を開始する予定。

 テレビ東京は、現在の港区虎ノ門から、六本木に、放送設備とオフィス機能を集約する計画を進めている。今回ソニービジネスソリューションが受注した案件では、第1スタジオ、第2スタジオの2つのメインスタジオなどに、ソニーの最先端カメラシステム/映像システム/音声システムなどを導入するとのこと。

 特に第2スタジオには、4K映像制作に対応したマルチフォーマットスイッチャー「XVS-8000」、4K撮影機能を備えたマルチフォーマットポータブルカメラ「HDC-4300」などを導入し、従来と同程度のシステム規模で、4Kに対応した業界最先端スタジオを完成させるという。

 そのほか、スタジオやマスター設備などの収録・送出機器として、ソニーのプロ向け機材「XDCAM」のメディアステーション「XDS-PD2000」を大量導入。XDCAMのXAVCコーデックやMPEG HD422コーデックによる、本格的なファイルベース運用が開始される予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top