感情と行動データのリアルタイム連携サービス「Emotion i」を提供開始……ソフトバンク・テクノロジーが発表 | RBB TODAY

感情と行動データのリアルタイム連携サービス「Emotion i」を提供開始……ソフトバンク・テクノロジーが発表

ブロードバンド その他

感情データと行動データを連携したサービス「Emotion i」
  • 感情データと行動データを連携したサービス「Emotion i」
  • ECサイトにアクセスしたエンドユーザーの行動から感情を分析
  • 「ZenClerk」について説明するEmotion Intelligenceの音田康一郎氏
  • 購入意欲の上下をリアルタイムで把握してマーケティング施策が可能
  • ECサイトでのエンドユーザーの「良い経験」の見える化も可能
  • デジタルマーケティングを変える可能性を秘めた「Emotion i」
 ソフトバンク・テクノロジー(以下、SBT)は6日、都内で法人向けイベント「Softbank Technology Forum 2015」を開催した。IT業界の現状と将来像を示す基調講演のほか、「クラウド」「セキュリティ」「デジタルマーケティング」「トレンド」の4カテゴリーごとに計16のセッションが行われた。

 このセッションには、ソフトバンクグループ各社のほか同グループと連携する多彩な企業の代表が登壇して、インフラからソリューション、サービスにいたる最新の取り組みなどが発表された。

■デジタルマーケティングを変革するリアルタイム連携サービス

 同イベントの今年のテーマは「Challenge for new age~テクノロジーによる、新時代への挑戦。」。ここでは、デジタルマーケティングのカテゴリーで、同日リリース発表された「Emotion i」に関するセッションについて紹介する。

 登壇したのはSBTのデータソリューション本部 コンサルティング部シニアコンサルタント澤本陽介氏と、共同事業のパートナーであるEmotion Intelligence(以下、emin)の音田康一郎氏。まず澤本氏より、両社の共同事業の第1弾となる「Emotion i」の概要について説明があった。

 SBTはこれまで、デジタルマーケティングの分野で10年以上にわたって200社超へのウェブコンサルティングおよび分析サービスを提供してきた実績を持つ。「SIGNAL」と名づけたプラットフォームを有しており、ここに人工知能による機械学習を応用したeminの「Emotion I/O」を融合することで世界初のリアルタイム連携サービスを提供していくという。

「ECサイトなどにおけるデジタルマーケティングの分野では現在、人工知能や機械学習だけではエンドユーザーがサービスや商品を購入したり、再度リピーターとして利用してもらう確率の精度を高めるのが難しい課題があります。多くの企業が専任のマーケターや分析担当者を置いています。KPIを達成できるかどうかという予測は、こうしたスタッフによる分析や仮設に基づいているのが現状です。『Emotion i』の導入で、インテンション型のデジタルマーケティングが可能になり、リソースをより重要な戦略立案や実行、分析、改善といったコア業務に集中させることが可能になると考えます」(澤本氏)
《浦野孝嗣》

関連ニュース

特集

page top