Webアプリのテスト自動化ツール「Smart at develop」、M-SOLが提供開始 | RBB TODAY

Webアプリのテスト自動化ツール「Smart at develop」、M-SOLが提供開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「Smart at develop」ロゴ
  • 「Smart at develop」ロゴ
  • 「Smart at develop」概要
 ソフトバンク・テクノロジーグループのM-SOLUTIONSは19日、Webアプリケーションのテストを自動的に行うツール「Smart at develop」の提供を開始した。

 「Smart at develop」は、専門知識がなくても簡単にテストができるため、リリースサイクルの短縮が見込めるという。実際の操作を自動的に保存し、テスト操作に変換。テストパターンの自動作成も可能となっている。

 テスト作成したシナリオは自動実行が可能。指定タイミングの画面キャプチャ保存や、対象処理に対する負荷テストにも対応する。テスト結果はサマリをレポート出力可能。

 利用料金は、導入費用が200,000円、ライセンス費用(5ID)が150,000円/月。そのほか各種オプションも用意されている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top