松田聖子が代表曲を披露…「SONGS」で作詞家・松本隆を特集 | RBB TODAY

松田聖子が代表曲を披露…「SONGS」で作詞家・松本隆を特集

エンタメ 音楽

松田聖子
  • 松田聖子
  • 松田聖子
 10月30日放送のNHK「SONGS」では、活動45周年を迎えた作詞家・松本隆を特集する。

 これまで数々のアーティストたちに2,000曲以上の楽曲を提供してきた松本。番組では、KinKi Kids、水谷豊らアーティストたちが語る「松本隆 その作品の魅力」を放送。また、共に作品を作り上げてきた、松田聖子、呉田軽穂(松任谷由実)との座談会も実施。今年、松田の新曲制作のため再びタッグを組んだ3人が、完成したばかりの新曲「永遠のもっと果てまで」をそろって試聴する。

 さらに、松本自身がこの番組のために書き下ろした、代表曲についての「一言セルフ・ライナーノート」も紹介。寺尾聰「ルビーの指環」に対しては「都会の大人のダンディズムを歌わせたら、未だに彼を超えられる人はいないだろう」、薬師丸ひろ子「Woman ”W の悲劇“より」に対しては「存在そのものが神秘的。繊細で大胆で、いつも予測不能の詞を、ぼくに書かせた」とつづっている。

 スペシャルライブには、松本作詞による代表作を数多く歌ってきた、松田聖子とKinKi Kidsが登場。松田が「赤いスイートピー」「渚のバルコニー」「瞳はダイアモンド」 「永遠のもっと果てまで」、KinKi Kidsが「硝子の少年」「ボクの背中には羽根がある」「スワンソング」を歌う。
 
《木村》

関連ニュース

特集

page top