大規模水害時に簡易ボートとして使える災害用テント | RBB TODAY

大規模水害時に簡易ボートとして使える災害用テント

エンタープライズ セキュリティ

5人用モデルは四角形で、10人用モデルは六角形。屋内の避難先でもプライバシー確保のためのテントとして使用でき、万一の際にはボートとして使える(撮影:防犯システム取材班)
  • 5人用モデルは四角形で、10人用モデルは六角形。屋内の避難先でもプライバシー確保のためのテントとして使用でき、万一の際にはボートとして使える(撮影:防犯システム取材班)
  • ゴム布を活用した災害対策製品として、同社では救助用ゴムボートやエアーテント、エアーディフェンスなども提供している(撮影:防犯システム取材班)
 藤倉ゴム工業は東京ビッグサイトで16日まで開催されている「危機管理産業展2015」にて、水に浮く災害用テントを展示した。

 集中豪雨や洪水などの災害発生時に、一時避難用として使用するテントで、水害に襲われた際にはボートのように浮力体となる点を特徴としている。

 通常時はコンパクトに収納が可能。いざという時には、簡易ブロワーを使用して2~3分で膨らませることができ、組み立ても容易となっている。5人用と10人用が用意されており、現在20人用のモデルも開発中だという。

 各自治体や企業などからの問い合わせに対応しており、今年6月に高知市消防局が実施した長期浸水検索救助訓練では、テント内の要救助者を救出する訓練として同製品が使用されている。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top