床のマットを踏むだけで認証ができる「電界通信タッチタグ入退管理システム」 | RBB TODAY

床のマットを踏むだけで認証ができる「電界通信タッチタグ入退管理システム」

エンタープライズ セキュリティ

小規模な入退室管理システム用として、小型のセンサー端末と、ネットワーク接続されたPCで入退室管理を行う安価なシステムも展示。webブラウザから入退出記録閲覧や遠隔解錠などが可能(撮影:防犯システム取材班)
  • 小規模な入退室管理システム用として、小型のセンサー端末と、ネットワーク接続されたPCで入退室管理を行う安価なシステムも展示。webブラウザから入退出記録閲覧や遠隔解錠などが可能(撮影:防犯システム取材班)
  • 電界通信タッチタグは小型のタグをポケットなどに入れておくだけで、センサーに体の一部が触れれば個人認証が可能となる。手袋などをしていても問題なく認証が可能(撮影:防犯システム取材班)
  • 食品工場以外では医療機関などでの需要が大きい。タグを取り出すことなく日常の自然な動作で個人認証が行えるため、国立大学や大学病院などでも採用事例がある(撮影:防犯システム取材班)
 アドソル日進は東京ビッグサイトで2日まで開催されていた「フードセーフティージャパン2015」にて、電界通信を利用したハンズフリー認証システムの展示などを行った。

 電界通信とは、小型のタグを持つ人の周辺に変調電界を発生させ、その変調をセンサーが読み取るという認証システムとなっている。入退室管理では、センサーに手などをかざすだけで、タグやカードをわざわざかざすことなく個人認証ができる。

 カードタッチ式と比べると、両手が塞がっている場合や、手袋などをしている場合でも、体の一部をセンサーに触れさせるだけで個人認証が行えるため、食品工場や医療機関などでの導入に適したシステムとなっている。

 床マット型のセンサーを使用すれば、入り口や作業場所に設置したマットの上を歩行、乗るだけで個人認証を行えるため、ハンズフリーなどノーアクション認証を行うことも可能。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top