HTC、国内のSIMフリースマホ市場に参入……「HTC Desire EYE」など2機種を発売 | RBB TODAY

HTC、国内のSIMフリースマホ市場に参入……「HTC Desire EYE」など2機種を発売

IT・デジタル モバイル

前面に1300万画素カメラを搭載したセルフィー強化モデル「HTC Desire EYE」
  • 前面に1300万画素カメラを搭載したセルフィー強化モデル「HTC Desire EYE」
  • 背面カメラも1300万画素でLEDフラッシュを装備する
  • スペックを抑えた低価格モデルの「Desire 626」
  • 低価格モデルだが、背面カメラは1300万画素を搭載
 HTC NIPPONは1日、SIMフリーのAndroidスマートフォン「HTC Desire EYE」、「HTC Desire 626」の2機種を10月中旬に国内で発売すると発表した。直販価格は「HTC Desire EYE」が52,800円、「Desire 626」が29,800円(いずれも税別)。同社が初めて日本市場に投入するSIMフリーモデルとなる。

 「HTC Desire EYE」は、前面に1300万画素カメラを搭載し、セルフィーに特化した5.2インチのスマートフォン。カメラは前面・背面とも1300万画素で、LEDフラッシュも両方に搭載する。カメラには新開発のアプリ「Eye Experience」を搭載。音声によるセルフィー撮影に対応したほか、顔追跡機能によって顔をフレームの中心にして撮影できるようになっている。

 ディスプレイは5.2インチ(1,920×1,080ピクセル)、OSはOSはAndroid 5.1ベースの「Sense 7.0」、プロセッサはクアッドコアのSnapdragon 801(2.3GHz)、メモリ2GB、ストレージ16GBというミドルスペック。下り最大150MbpsのLTE/W-CDMA対応で、IPX7、IP5Xの防水・防塵性能を備える。本体サイズは高さ151mm×幅73mm×奥行8.5mm、重量は154g。

 「Desire 626」は、スペックを抑えた低価格モデル。ディスプレイは5.0インチ(1,280×720ピクセル)、OSはndroid 5.1ベースの「Sense 7.0」、プロセッサはクアッドコアのSnapdragon 410(1.2GHz)、メモリ1.5GB、ストレージ16GBという仕様。カメラは1300万画素/500万画素で、ステレオスピーカーを前面に搭載する。「Desire EYE」同様LTE/W-CDMA対応だが、防水・防塵には非対応。本体サイズは高さ146.9mm×幅70.9mm×奥行8.19mm、重量は140g。

 両機種とも新たに開設される公式オンラインストア「HTC e-shop」のほか、家電量販店などで販売される。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top