広島県、人材を地方企業とマッチングさせる「プロフェッショナル人材戦略拠点」開設 | RBB TODAY

広島県、人材を地方企業とマッチングさせる「プロフェッショナル人材戦略拠点」開設

エンタープライズ その他

組織イメージ図
  • 組織イメージ図
  • 「広島県」サイト
 広島県は30日、県内企業の即戦力人材の獲得を支援するため「プロフェッショナル人材戦略拠点」の開設を発表した。10月5日付で県庁内に開設するとともに、「広島県プロフェッショナル人材戦略協議会」を開催する。

 「プロフェッショナル人材」とは、新たな商品・サービスの開発、その販売の開拓や、個々のサービスの生産性向上などの取組を通して、企業の成長戦略を具現化していく人材だという。

 この拠点は、大都市圏に集中している事業企画・運営などのプロフェッショナル人材(30~50代)を、地方の企業とマッチングさせるもの。具体的には、県内中小企業が必要とする人材について、地域金融機関や地元経済団体、民間人材紹介会社などと連携し情報収集を行い、大都市圏の即戦力人材の確保を行う。設置場所は県庁東館3階広島県商工労働局産業人材課内。

 拠点開設日の10月5日には、県知事室にて、拠点責任者となる黒沢幸治氏(前マツダ取締役専務執行役員)への辞令交付を行い、引き続き、地元金融機関や経済団体等で構成する「広島県プロフェッショナル人材戦略協議会」を開催する。広島東洋カープの黒田投手を起用したポスターの御披露目も行う。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top