孫氏と時間軸にズレ、ソフトバンクのニケシュ・アローラ副社長が退任! | RBB TODAY

孫氏と時間軸にズレ、ソフトバンクのニケシュ・アローラ副社長が退任!

IT・デジタル モバイル

ニケシュ・アローラ氏(ソフトバンク2015年3月期 決算説明会動画より)
  • ニケシュ・アローラ氏(ソフトバンク2015年3月期 決算説明会動画より)
  • 決算説明会に登壇した孫正義氏(撮影:編集部)
 ソフトバンクグループ(以下、ソフトバンク)は21日、代表取締役副社長であるニケシュ・アローラ氏が退任することを発表した。同氏は翌22日午前に開催される第36回定時株主総会終了をもって、任期満了に伴い代表取締役および取締役を退任する。

 アローラ氏は、Googleの最高幹部を経て、2014年9月にバイスチェアマンおよびSB Group US, Inc.(旧 SoftBank Internet and Media, Inc.)の CEO に就任。2015年6月からは、ソフトバンクの代表取締役副社長に就任していた。ソフトバンクの代表取締役社長を務める孫正義氏も、アローラ氏の手腕を高く買い、有力な自身の後継者候補として考えていることを明かしていた。

 関係良好と思われていた両者ではあったが、孫正義氏は、当面ソフトバンクのトップとして指揮を執り続ける意向を示している一方で、アローラ氏は、数年のうちに孫正義氏に代わってソフトバンクのトップとし て指揮を執りたいとの考えを持っており、両者の時間軸に対する考え方にずれが生じはじめていた。ソフトバンクは、両者の時間軸に対する認識の違いをくみ、今回の人事を決定したとしている。
《Tsujimura》

関連ニュース

特集

page top