バイク専用ドラレコ「BIKER MATE」、10月より価格改定&販路拡大 | RBB TODAY

バイク専用ドラレコ「BIKER MATE」、10月より価格改定&販路拡大

ブロードバンド その他

「BIKER MATE」のレンズモジュール(左)とメインコントローラー部(右)(画像はプレスリリースより)
  • 「BIKER MATE」のレンズモジュール(左)とメインコントローラー部(右)(画像はプレスリリースより)
  • 「BIKER MATE」の視野角のイメージ。広角160度まで対応しており広範囲の録画が可能(画像はプレスリリースより)
  • コンバータを同梱しており、接続後はエンジンの始動と共にカメラの電源も連動する。最大64GBのマイクロSDカードに対応(画像はプレスリリースより)
  • バイクに取り付けることを前提にした設計のため、風の抵抗を受けにくく、取り付け角度が風によって変わるといったことを防ぐ(画像はプレスリリースより)
 Bravoは24日、バイク用ドライブレコーダー「BIKER MATE」の価格を改定し、販路を拡大していくことを発表した。

 「BIKER MATE」は今年6月の発売以降、世界でシリーズ累計4万台を販売しているバイク用ドライブレコーダー。バイク専用として設計されており、カメラは、風の影響を受けにくい筒型の形状で、雨にも耐えうるIP66規格の耐水性能を有する。

 電源もバイクのバッテリー周りから供給し、エンジンの始動と連動して電源が入る形となる。マイクロSDカードにフルHDまでの動画を30fpsで記録することが可能。視野角は広角で160度まで対応する。

 Bravoの直販サイト、Amazon、楽天市場など大手ネット通販サイトで販売のほか、バイク用品などでの取り扱いなど、さらなる販路拡大を計画している。

 また、希望小売価格に関しても、これまで税込16,800円だった価格を、10月1日から14,800円に改定していく。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top