動体検知機能搭載で駐車中も防犯カメラになるルームミラー一体型ドライブレコーダー | RBB TODAY

動体検知機能搭載で駐車中も防犯カメラになるルームミラー一体型ドライブレコーダー

IT・デジタル その他
ルームミラーの中に4.3インチのモニターを搭載
  • ルームミラーの中に4.3インチのモニターを搭載
  • 最大4倍のデジタルズーム搭載で高解像度での静止画撮影も可能
  • 内蔵モニターはON/OFF可能
 ドスパラは、ルームミラーと一体型となったドライブレコーダー「DN-12865」を発売した。直販価格は8,999円(税込)。ルームミラーの中に4.3インチのモニターを搭載する。

 録画のON/OFFはエンジンに連動。内蔵のモニターは1,920×1,080ピクセルのフルHDで、レンズ視野角(対角)170度、記録画角(対角)約130度。動くものを検知すると、自動で録画を開始する動体検知機能を搭載しており、駐車中など簡易的な防犯カメラとしての使用も可能だ。約60秒間動くものがないと自動で録画を停止する。

 ループ録画機能は1分/3分/5分で設定可能。最大4倍のデジタルズームが付いており、4,032×3,024ピクセルの高解像度で鮮明な静止画撮影も行える。本体サイズは縦10cm×横28.6cm×厚さ4.7cm、重量は317g。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top