ゲートいらずで入退室管理や商品管理ができるマットアンテナ | RBB TODAY

ゲートいらずで入退室管理や商品管理ができるマットアンテナ

エンタープライズ セキュリティ

参考出展の「RFIDマットアンテナ」。床に敷いて通過するだけでタグの自動認識が可能。オフィスや介護施設などの入退管理や防犯対策での利用を想定(撮影:防犯システム取材班)
  • 参考出展の「RFIDマットアンテナ」。床に敷いて通過するだけでタグの自動認識が可能。オフィスや介護施設などの入退管理や防犯対策での利用を想定(撮影:防犯システム取材班)
  • 「RFIDマットアンテナ」はスロープ構造になっており、バリアフリー施設での使用に適している。ゲートに比べて圧迫感を与えないこともメリットとなる(撮影:防犯システム取材班)
  • レジ台の上などで使用する「RFIDシートアンテナ」。厚さ1.8mmと薄型でアンテナの存在を感じさせないため、スマートな商品管理が可能だ(撮影:防犯システム取材班)
  • 参考出展の「ロングタイプRFIDシートアンテナ」。蔵書管理やファイル管理、陳列台の商品管理など、通常タイプとの使い分けを想定している(撮影:防犯システム取材班)
 マスプロ電工は東京ビッグサイトで開催された「第17回 自動認識総合展」にて、通過するだけで自動認識が可能な「RFIDマットアンテナ」など、UHF帯の技術を駆使した各種RFID用アンテナの展示を行った。

 参考出展の「RFIDマットアンテナ」は、床に敷いて使用する大型のシートアンテナ。従来なら読み取り用のゲート式アンテナを設置する必要があったが、同製品なら通過するだけで自動認識が可能で、中央でも端でも同一の読み取り性能が得られるよう設計されている。

 また、床との段差がないようにスロープ構造になっており、介護施設やオフィスなどでの入退室管理や防犯対策としての利用が想定されている。

 「RFIDシートアンテナ」は、大きさが190mm四方で厚さはわずか1.8mmという薄型のシートアンテナ。タグが添付されたものが持ち出されたことを検知できたり、いつ持ち出され、いつ返却されたかといったログの取得が可能だ。

 工場などでの工程管理や在庫管理、アパレル店などでレジ台の上に置き、在庫や売り上げ管理用に利用することもできる。アンテナは従来のものより大幅に薄くなっているので、場所を選ばずに設置でき、見栄えが悪くならないという利点もある。

 ロングタイプのRFIDシートアンテナも参考出展されており、図書館の蔵書管理や貴金属店などの商品管理及び防犯など、用途に合わせた使い分けが想定されており、導入者の要望に応じてサイズのカスタマイズも可能だという。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top