84/55インチの大画面Windows 10デバイス「Surface Hub」、日本でも販売開始 | RBB TODAY

84/55インチの大画面Windows 10デバイス「Surface Hub」、日本でも販売開始

IT・デジタル その他

「Surface Hub」利用イメージ
  • 「Surface Hub」利用イメージ
  • 「Surface Hub」(84インチモデル)
 日本マイクロソフトは3日、大画面ディスプレイデバイス 「Surface Hub」の予約受付を開始した。2016年1月より出荷開始の予定。

 「Surface Hub」は、Windows 10搭載の大画面デバイス。84インチ(税別2,374,059円)、55インチ(830,949円)の2つのディスプレイサイズで提供される。タッチ操作やペン入力が可能で、最大3つの同時ペン入力に対応する。1080pの前面ビデオカメラなどを実装する他、内蔵Wi-Fi、Bluetooth 4.0、NFC、有線・無線接続オプションをサポートしている。

 会議内容をホワイトボード機能で書き留めたり、遠隔地とSkype for Businessを用いたビデオ会議を行ったり、議論しているExcelやPowerPointなどのコンテンツを共有しながら議論を行うといった使い方が可能。共同作業での利用など、会議室での利用をメインに、顧客接客時の商談用店舗端末、工場棟での作業端末などにも利活用可能。

 日本市場での「認定Surface Hubリセラー」は、内田洋行、大塚商会、ソフトバンクの3社が務める。すでに日本航空(JAL)が導入予定で、グループ会社であるJALエンジニアリングの航空機の整備工場現場において、Surface Hubを活用した実証実験を行う予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top