家族の位置情報を自動通知する防災アプリ&サービス「ココダヨ」、9月より開始 | RBB TODAY

家族の位置情報を自動通知する防災アプリ&サービス「ココダヨ」、9月より開始

 ゼネテックは26日、災害時に家族や大切な人の位置情報を自動通知する防災用位置情報自動通知サービス「ココダヨ」を防災の日となる9月1日から開始することを発表した。

ブロードバンド その他
通常時は子供や高齢の家族の見まもりツールとして活用でき、災害時は家族の安否や居場所が確認できるツールとなる(画像はプレスリリースより)
  • 通常時は子供や高齢の家族の見まもりツールとして活用でき、災害時は家族の安否や居場所が確認できるツールとなる(画像はプレスリリースより)
  • 家族間で相互に安否確認ができるので、災害時にすぐに家族で合流できない状況にあっても一定の安心感が得られる(画像はプレスリリースより)
  • 「ココダヨ」の位置情報通知サービスの仕組み。災害発生直前の位置情報を家族に通知できるので被害状況の予測が可能(画像は公式Webサイトより)
 ゼネテックは26日、災害時に家族や大切な人の位置情報を自動通知する防災用位置情報自動通知サービス「ココダヨ」を防災の日となる9月1日から開始することを発表した。

 スマートフォン用のアプリとして提供され、緊急地震速報などの災害発生時の警報発令をトリガーに、災害発生直前の家族や大切な人の位置情報をスマートフォンや携帯電話に自動で通知するサービスとなる。登録できる人数の違いや料金体系の違いにより、個人向けと法人向けが用意されている。

 平常時にも登録している人の位置情報を確認し合えるため、親が子どもの居場所を把握したり、徘徊の心配がある高齢の家族の居場所を確認する際にも利用することができる。

 災害時の規制や輻輳(ふくそう)などで通信が困難な状況下でも、直近の位置情報を家族に対して知らせることができるため、被災状況の予測などに活用が期待される。

 Android用アプリは9月1日からダウンロード公開予定。2016年3月末まで無料でトライアルキャンペーンを行い、サービスを推進していく。トライアルキャンペーン終了後は、コンシューマー向けに関して、月額制のサービスとして展開していく予定とのこと。同社は今後3年間で1,500万人以上の利用者を目標としている。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top