東芝、会話量も測定できるリストバンド型生体センサー「Silmee」シリーズ | RBB TODAY

東芝、会話量も測定できるリストバンド型生体センサー「Silmee」シリーズ

 東芝は17日、スマートフォンと連携するリストバンド型生体センサー「Silmee」シリーズの新製品「Silmee W20」「Silmee W21」を発表した。会話量なども測定できる。

IT・デジタル スマートフォン
会話量も測定できるリストバンド型生体センサー「Silmee W20」(写真左)と「Silmee W21」
  • 会話量も測定できるリストバンド型生体センサー「Silmee W20」(写真左)と「Silmee W21」
  • 装着した際のイメージ
 東芝は17日、スマートフォンと連携するリストバンド型生体センサー「Silmee」シリーズの新製品「Silmee W20」「Silmee W21」を発表した。会話量なども測定できる。

 「Silmee W20」と「Silmee W21」の違いはGPSの有無で、価格は「Silmee W20」が24,000円、「Silmee W21」が28,000円(いずれも税込)。「Silmee W20」は今日からAmazon、Yahoo!ショッピング、楽天市場での購入受付を開始し、9月下旬の出荷。「Silmee W21」は9月下旬に購入受付を開始し、11月初旬の出荷を予定している。

 両機は、加速度センサー、脈拍センサー、紫外線センサー、温度センサー(皮膚温)といったセンサー類を装備。手首に装着して歩数や睡眠時間、心拍数などの生体活動を記録する。新モデルでは、会話量測定、食事時間検出、ボタン操作による第三者への緊急連絡、脈拍測定、紫外線量測定、皮膚温度測定などの新機能を搭載した。

 IPX5/IPX7の防水に対応。バッテリ駆動時間は最長2週間となっている。対応OSはAndroid 4.4以上、iOS 7.0以上。本体サイズは「W20」が20.5×65×12.5mmで重量29.5g、「W21」が25.5×65×12.5mmで重量38g。

 同社では、リストバンド型活動量計「Actiband」や貼り付け型生体センサー「Silmee Bar type Lite」などを販売しているが、今後は「Silmee」シリーズとしてブランドを統一する。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top