『ジュラシック・ワールド』、全米歴代興行収入で歴代2位の『タイタニック』に迫る! | RBB TODAY

『ジュラシック・ワールド』、全米歴代興行収入で歴代2位の『タイタニック』に迫る!

エンタメ 映画・ドラマ

『ジュラシック・ワールド』場面写真 / Chuck Zlotnick / Universal Pictures and Amblin Entertainment
  • 『ジュラシック・ワールド』場面写真 / Chuck Zlotnick / Universal Pictures and Amblin Entertainment
  • 『ジュラシック・ワールド』場面写真 / ILM / Universal Pictures and Amblin Entertainment
  • 『ジュラシック・ワールド』場面写真 / Universal Pictures and Amblin Entertainment
 恐竜映画の人気作品「ジュラシック・パーク」シリーズの最新作、『ジュラシック・ワールド』が6月12日に全米公開された。公開から今までに、映画史の歴代記録を次々と塗り替えるまでに至っている。

 『ジュラシック・ワールド』は「ジュラシック・パーク」シリーズの4作目で、製作総指揮にはスティーヴン・スピルバーグがあたっている。公開1週目で全世界オープニング歴代興収1位の5億2,410万ドルという記録をだし、公開7週目には『アバター』、『タイタニック』に次ぐ全世界歴代興行収入ランキング第3位となる歴史的快挙を果たした。

 さらに、7月24日から26日までの週末3日間の興行収入は718万ドルと、日本円にして約8億円もの数字を維持。この週末の数値を受け、遂に全米歴代興行収入でも『アベンジャーズ』を抜き歴代第3位へとランクアップとなった。第2位の『タイタニック』まであと3000万ドルと、ランキングの順位入れ替えも現実味を帯びてきており、第1位の『アバター』以外、どの作品も成し遂げることができなかった“『タイタニック』の壁”越えなるか、という点にも注目が集まっている。

 『ジュラシック・ワールド』は、8月5日に日本全国で公開される。なお、文中の歴代興行収入数値は、7月28日時点でのBOXoffice mojo調べ。
《》

関連ニュース

特集

page top