八景島シーパラダイスでイルカの赤ちゃん誕生 | RBB TODAY

八景島シーパラダイスでイルカの赤ちゃん誕生

エンタメ その他

母子遊泳中
  • 母子遊泳中
  • ドルフィンファンタジー
 横浜・八景島シーパラダイスの水族館「ドルフィンファンタジー」で7月16日午前6時36分、バンドウイルカの赤ちゃんが誕生した。同館Webサイトでは、母イルカと寄り添って泳ぐ姿を観賞できる動画を公開している。

 バンドウイルカは、くちばしが太く短く、背ビレは大きな鎌形で、イルカ・クジラ類の中でもっともなじみのある形態をしている。シーパラダイスでは人懐こく、数メートルのジャンプをする人気者だ。

 父イルカ「アース」と母イルカ「リグ」の間に生まれた赤ちゃんはオスで、推定体長130センチ30キログラム。成長すると体長は約3メートル、約300キログラムになる。

 「ドルフィンファンタジー」は、まるで海中から見ているようにイルカを鑑賞できるアーチ状水槽。同館では、すでに母イルカと仲良く寄り添って泳ぐ赤ちゃんの姿や授乳のようすを見ることができる。また、Webサイトでも元気に遊泳する姿を見ることができる。

 2015年5月、日本動物園水族館協会は追い込み漁によるイルカの入手を禁止した。イルカの赤ちゃんの誕生は、繁殖の期待も込めて話題となっている。

八景島シーパラダイスでイルカの赤ちゃん誕生、遊泳動画も公開

《勝田綾》

関連ニュース

特集

page top