アップル・グーグル・マイクロソフトの最新戦略を徹底分析するセミナー、SSKとイードが共催 | RBB TODAY

アップル・グーグル・マイクロソフトの最新戦略を徹底分析するセミナー、SSKとイードが共催

 新社会システム総合研究所(SSK)とイードは、8月4日に「【2015夏 WWDC、Google I/O、Build】アップル、グーグル、そしてマイクロソフトの現地報告と徹底討論」と題するセミナーを共同開催する。

エンタープライズ その他
WWDC 15に登場したAppleのティム・クックCEO (C) Getty Images
  • WWDC 15に登場したAppleのティム・クックCEO (C) Getty Images
  • 米サンフランシスコで開催された開発者向けカンファレンス「Google I/O 2015」 (C) Getty Images
  • セミナー詳細ページ(SSK)
  • AP浜松町へのアクセス(AP浜松町サイトより)
 新社会システム総合研究所(SSK)とイードは、8月4日に「【2015夏 WWDC、Google I/O、Build】アップル、グーグル、そしてマイクロソフトの現地報告と徹底討論」と題するセミナーを共同開催する。

 本セミナーは、今年開催の各社の技術イベント「WWDC」「Google I/O」「Build」を踏まえ、PC・モバイル・自動車・IoT・ゲーム・家電など、デジタル関連の三社のプラットフォーム戦略を、インサイダーの視点でさまざまに分析するものだ。

 日本マイクロソフトのプラットフォーム エバンジェリスト高橋忍氏が「マイクロソフトBuildに見る、アプリケーション開発とプラットフォームのこれから」をテーマに、Windows 10、Microsoft Azureなどの新プラットフォームおよび新開発スタイルを講義する他、エクサ コンサルティング推進部の安藤幸央氏が「Google I/Oで語られたポイント」、ジャーナリストの西田宗千佳氏 が「アップルWWDCで語られたポイント」をテーマに講義を行う。またイード メディア事業本部 本部長の三浦和也氏の司会により3者のパネルディスカッションも行われる。

■セミナー要項
開催日時:2015年8月4日(火)13時~17時
会場:AP浜松町(東京都港区芝公園2-4-1)
電話:03-5405-6109
受講料:1名につき 32,400円(税込)、同一の申込フォームより申込の場合、2人目以降27,000円(税込)

■講義内容
「マイクロソフトBuildに見る、アプリケーション開発とプラットフォームのこれから」【13:00~14:00】
1.Windows AzureとIoTの世界
2.Windows 10 & Universal Windows Platform
3.Windows 10 Bridge
4.Visual Studio 2015とクロスプラットフォーム開発
5.これからのプラットフォームと開発

「Google I/Oで語られたポイント」【14:05~14:45】
1.GoogleのIoT関連の取り組み
2.Googleが考える車載機環境Android Auto
3.Googleが考えるUX(ユーザー体験)とコンテキストアウェアネス
4.Googleが考えるゲーム環境の広がり、ATAPの挑戦

「アップルWWDCで語られたポイント」【14:50~15:30】
1.新マックOS「OS X EI Capitan」、新iOS「iOS9」解説
2.アップルの新方針「Proactive Assistant」とは
3.音楽サービスや秘書型サービスから見える「人と機械の競争」
4.新OSから予想する新ハードウェア戦略

「パネルディスカッション」【15:45~17:00】
1.マイクロソフトは復活するのか
2.PCとモバイル、タブレット
3.IoT、ウェアラブル
4.自動車とモビリティ
5.個人情報とクラウド
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top