ダイソン「V10」は日本のユーザー目線で開発されたコードレスクリーナーだった | RBB TODAY

ダイソン「V10」は日本のユーザー目線で開発されたコードレスクリーナーだった

IT・デジタル ハードウェア

ダイソンで日本向け製品のマーケティングリサーチと開発に携わる上級設計エンジニアのサム・ツイスト氏
  • ダイソンで日本向け製品のマーケティングリサーチと開発に携わる上級設計エンジニアのサム・ツイスト氏
  • 新製品発表会のため来日したジェームズ・ダイソン氏。「V10の登場を機に、ダイソンはもうコード付掃除機はつくらない」と壇上で明言した
  • 吸引力と連続駆動時間がパワーアップした「Dyson Cyclone V10」
  • 新開発のモーターのパワーを高める14個のサイクロンが同心円状に配置されている
  • フローリングから畳の床までゴミやホコリを逃さないソフトローラークリーナーヘッド
  • 新開発のモーターV10の展開模型
  • バッテリーの残量はハンドルに配置されたLEDの点灯により確認できる
  • モーターの開発時には2,500を超える模型を試作した
 ダイソンがコードレス掃除機の新商品「Dyson Cyclone V10」を発表した。「これはダイソンが長年に渡って開発・商品化してきたコードレスクリーナーの集大成。今日からダイソンはコード付掃除機をつくることを止めたいと思う」。新製品発表会のため来日したファウンダーのジェームズ・ダイソン氏は、壇上で完成した新製品を掲げながら会心の笑みを浮かべた。

新製品発表会のため来日したジェームズ・ダイソン氏。「V10の登場を機に、ダイソンはもうコード付掃除機はつくらない」と壇上で明言した
新製品発表会のため来日したジェームズ・ダイソン氏。「V10の登場を機に、ダイソンはもうコード付掃除機はつくらない」と壇上で明言した


 コードレス掃除機「Dyson Cyclone V10(以下:V10)」は、どこがそんなにスゴいのか。ダイソンで日本向け製品の開発を担当するエンジニアのサム・ツイスト氏に、V10に搭載されたダイソンの先端技術や、これからの商品開発のロードマップについてなど、興味深い話を訊くことができた。

コードレスの常識を覆すハイパワー&長時間連続駆動


 V10のラインナップにはローラーの内部にモーターを内蔵するダイレクトドライブタイプを含めて、2種類のクリーナーヘッドを同梱、付属ツールを充実させた上位機「V10アブソリュート プロ」のほか、「V10フラフィ プラス」「V10フラフィ」の3機種が同時に発売される。本日3月20日からはダイソン直営店、ダイソン公式オンラインストアでの扱いがスタートする。さらに翌週3月28日からは家電量販店で順次発売。価格はオープン。

吸引力と連続駆動時間がパワーアップした「Dyson Cyclone V10」
吸引力と連続駆動時間がパワーアップした「Dyson Cyclone V10」


 V10には新開発の「ダイソンデジタルモーター V10」が搭載されている。筐体の内部は、毎分最大125,000回という高速スピードで回転するモーターから、クリーナーヘッド、そしてスティックノズルまで直線的な配置として空気の流れを最適化した。これによりモーターのパワーを最大化して、ゴミやホコリを無駄なく吸引する。本体の周囲に同心円状に配置した14個のサイクロンもモーターへ効率よく空気を送り込むための原動力。すべての要素を組み合わせて、コードレスクリーナーの限界を超えるパワフルな吸引力を獲得している。

新開発のモーターのパワーを高める14個のサイクロンが同心円状に配置されている
新開発のモーターのパワーを高める14個のサイクロンが同心円状に配置されている


 新たに開発されたバッテリーパックも、重量を増やさずにエネルギー密度を高めた。フル充電からの最長連続駆動は60分間以上。本体のトリガーを引いた瞬間、一気にフルパワーに達してゴミやホコリを吸い上げる。

バッテリーの残量はハンドルに配置されたLEDの点灯により確認できる
バッテリーの残量はハンドルに配置されたLEDの点灯により確認できる


 クリーナーヘッドは、硬いフローリングと柔らかい畳の床が混在する日本の家屋事情も考えて設計された「ソフトローラークリーナーヘッド」を同梱する。ナイロン製のフェルト生地で覆われた大型のローラーが大きなゴミをつかまえて、さらに静電気の発生を抑えるカーボンファイバー素材のブラシで微細なホコリやチリをかき上げながら残さず吸い取る。上位機の「V10アブソリュート プロ」には、ローラーの内部にダイレクトドライブモーターを乗せて、クリーナーヘッドの幅全体を使った掃除を可能にした。

フローリングから畳の床までゴミやホコリを逃さないソフトローラークリーナーヘッド
フローリングから畳の床までゴミやホコリを逃さないソフトローラークリーナーヘッド


 新開発のV10モーターには圧力センサーも組み込んだ。これによりテーブルやソファの上と、床の高度差をクリーナーが自動で判別しながら吸引力の微調整をおこなう。

新開発のモーターV10の展開模型
新開発のモーターV10の展開模型


 本体のダストケースにたまったゴミを捨てる時も、なるべく手を汚さず衛生的に操作ができるよう、本体外側のスライダーを操作しながら、ケースの内部からゴム製のヘラがたまったゴミやホコリをかきだして、ゴミ箱に向かってまっすぐにゴミを落とせるような機能的なデザインに仕上げた。

ユーザー目線で日本市場にもフィットする製品を開発する


 インタビューに答えてくれたサム・ツイスト氏は、ダイソンの社内で日本地域に特化した商品のマーケティングリサーチと企画・設計をリードするエンジニアだ。「私の仕事は日本市場でダイソンの製品を使っていただいている方の声を丁寧に組み上げて、現行製品のサポートや次期製品の開発に活かすための土台をつくることです」とツイスト氏が自身の役割を語っている。

ダイソンで日本向け製品のマーケティングリサーチと開発に携わる上級設計エンジニアのサム・ツイスト氏
ダイソンで日本向け製品のマーケティングリサーチと開発に携わる上級設計エンジニアのサム・ツイスト氏


 ダイソンのブランドと製品は、日本市場に上陸してから早くも14周年を迎えた。「私たちにとって日本は非常に重要なマーケット」とツイスト氏は語っているが、特に今回のV10については日本市場からのフィードバックが随所に活きているという。その一例が先述のクリーナーヘッドだが、ほかにも本体の後ろ側に装着するクリーンフィルターが、誤って外れたまま動かないようにトリガーのロック機構も設けた。世界各国のユーザーから寄せられる声が、ブランドの誕生以来“ユーザーファースト”の目線で製品を開発してきたダイソンの血肉になっている。

モーターの開発時には2,500を超える模型を試作した
モーターの開発時には2,500を超える模型を試作した


 新製品のV10が発表されたばかりだが、ツイスト氏に今後のダイソンの商品展開について訊いてみた。ツイスト氏は「ロードマップ上では200件を超える次期製品のプロジェクトが進行している」という。その中にはインターネットにつながる、いわゆるコネクテッド家電も含まれている。ダイソンがどんなコネクテッド家電を造るべきなのか、ツイスト氏には明確な答えがあった。「ただやみくもにインターネットやモバイル端末につながるだけではユーザーに混乱を与えてしまいます。それぞれの家電が本当に必要とする便利な機能を実現するために、コネクテッド機能をつくりこむ必要があるとダイソンは考えています。ぜひ今後もダイソンらしい革新的な製品の登場に期待してください」と、ツイスト氏は意気込みを語ってくれた。

※IoTの普及を加速させるか?フランス発の通信技術「Sigfox」とは
《山本 敦》

関連ニュース

特集

page top