「オンライン英会話」、利用者は料金や講師の質を重視 | RBB TODAY

「オンライン英会話」、利用者は料金や講師の質を重視

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

オンライン英会話サービスの認知率
  • オンライン英会話サービスの認知率
  • オンライン英会話サービスの利用率
  • オンライン英会話サービスを利用する際に重視した点(複数回答)
 インターネットによるテレビ電話を使い、自宅で英会話を学ぶオンライン英会話。仕事で忙しい社会人には、早朝や帰宅後などの空き時間で手軽に利用できるサービスだ。

 このたび、MMD研究所が実施した「オンライン英会話の利用に関する調査」(対象:20歳~59歳男女33,105人)によると、オンライン英会話を知っていると答えた人は、全体の29.2%。その中で、実際にサービスを利用したことがある人は15.6%という結果になっている。

 続けて、利用したことがあるオンライン英会話サービスについて聞くと、「レアジョブ英会話」(28.2%)、「DMM英会話」(27.2%)、「ECCオンライン英会話」(25.0%)、「産経オンライン英会話」(13.4%)、「QQイングリッシュ」(11.7%)が上位5位に。現在利用中のサービスに関しても同順となった。

 同調査によると、1レッスンあたりの料金は200円前後、講師の国籍はフィリピンが多い。サービスを利用する際に重視した点について聞くと、「料金の安さ」(32.6%)がトップとなり、ほかに、「講師の質」(22.9%)、「予約のしやすさ」、「口コミの評判」(同率22.5%)の順でランクインしている。
《渡邊晃子》

関連ニュース

特集

page top