主流は「マンツーマン」、「1日1,000円未満」のレッスン料が65%……オンライン英会話 | RBB TODAY

主流は「マンツーマン」、「1日1,000円未満」のレッスン料が65%……オンライン英会話

ブロードバンド その他

レッスン形態
  • レッスン形態
  • 利用頻度
  • レッスン料(日額)
  • レッスン料(月額)
  • オンライン英会話サービスを利用する理由
  • オンライン英会話サービスを利用して良かったこと
  • オンライン英会話サービスに不満・不便を感じること
 オンライン英会話は「マンツーマン」が主流で、「1日1,000円未満」のレッスン料が65%を占めることが1月19日、eラーニング戦略研究所の調査結果から明らかになった。利用理由でも、「レッスン料の安さ」と「自宅受講できる」が6割に上った。

 調査は2014年9月、オンライン英会話サービスを利用している全国の男女100人を対象にWebで実施した。

 オンライン英会話のレッスン形態は、「マンツーマン」が86%を占め、「グループレッスン」の31%を大きく引き離した。利用頻度は、「週2~3回」42%、「週4~5回」23%、「ほぼ毎日」17%と、8割以上が「週2回以上」利用していることがわかった。

 1日あたりのレッスン料は、「500~1,000円未満」が最多の29%、次いで「300~500円未満」23%で、「1,000円未満」が65%を占めた。月額では、「3,000~5,000円未満」が29%ともっとも多く、「3,000円未満」も含めると、「5,000円未満」が41%に上った。

 オンライン英会話サービスを利用する目的は、「レッスン料が安い」(66%)と「通学の必要がなく自宅で受講できる」(64%)が高い割合を示した。「自分に合った日時や内容、講師を選びやすい」(47%)、「早朝・深夜レッスンなど受講形態が幅広い」(41%)も多かった。

 実際に利用して良かったことでは、「時間・場所を問わない」(34%)、「手軽に利用できる」(16%)、「自分のペース・レベルに合わせて学べる」(14%)などが上位に並んだ。一方、不満・不便を感じることは、46%が「特にない」と回答。利用者の半数近くは不満や不便を感じていないという結果になった。

オンライン英会話、主流はマンツーマン…利用理由は「安さ」と「自宅受講」

《奥山直美》

関連ニュース

特集

page top