ガチャ「松本人志 世界の珍獣 第1弾」、リニューアルでAR技術を採用 | RBB TODAY

ガチャ「松本人志 世界の珍獣 第1弾」、リニューアルでAR技術を採用

ブロードバンド その他
ガチャ「松本人志 世界の珍獣 第1弾」がリニューアルでAR技術を採用
  • ガチャ「松本人志 世界の珍獣 第1弾」がリニューアルでAR技術を採用
  • 音声の聴き方
  • アプリ画面イメージ
  • 「松本人志 世界の珍獣 第1弾」製品外観
 タカラトミーアーツが新発売するカプセル玩具(ガチャ)「松本人志 世界の珍獣 第1弾」に、AR技術が採用されたことを、サイバネットシステムが11日に発表した。

 サイバネットシステムが開発した、無償汎用ARアプリ「Junaio(ジュナイオ)」を使ったスマートフォン向け「立体フィギュア認識ARアプリ」が採用されたとのこと。スマートフォンのカメラ映像から特徴点を求め、登録してある立体フィギュアを検出できる。小さくて複雑な3次元形状も認識可能だ。

 「松本人志 世界の珍獣 第1弾」は、タレントの松本人志氏らによる企画集団「おたんじょうびかい」が手掛けた作品。松本人志氏が想像した“架空の生物”を具現化したカプセル玩具となっている。「立体フィギュア認識ARアプリ」を起動し、スマホをフィギュアにかざすと、鳴き声を再生できるという。

 2003年にタカラ(現在のタカラトミー)から商品化されたが、今回すべて新規造形でリニューアル。前作にいなかった新珍獣もシークレットとして登場する。発売は6月中旬より。1回300円(税込)/全5種+シークレット1種で、根付紐とイヤホンプラグが付属する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top