東京ディズニーシー、来春から開園15周年企画を展開! テーマは“Wish” | RBB TODAY

東京ディズニーシー、来春から開園15周年企画を展開! テーマは“Wish”

 来年、開園から15周年を迎える東京ディズニーシーは、15周年アニバーサリーイベント「東京ディズニーシー15周年“ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ”」を開催すると発表した。イベント全体のテーマは“Wish”となる。

エンタメ その他
「東京ディズニーシー15 周年“ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ”」イメージ
  • 「東京ディズニーシー15 周年“ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ”」イメージ
 来年、開園から15周年を迎える東京ディズニーシーは、15周年アニバーサリーイベント「東京ディズニーシー15周年“ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ”」を開催すると発表した。イベント全体のテーマは“Wish”となる。

 東京ディズニーシーは、世界のディズニーテーマパークで唯一「海」をテーマにしたテーマパークとして、2001年9月4日に開業。来年15周年を迎えるにあたり、ほぼ1年間にわたって“Wish”をテーマとした複数のプログラムを展開する。テーマの“Wish”は、「未来を思い描き、そこへ向かうワクワクする気持ち」と位置づけられている。

 “Wish”の象徴となるのは色鮮やかなクリスタル。期間中、パーク内はさまざまなクリスタルをモチーフとしたデコレーションで彩られる。また、ディズニー・キャラクターのコスチュームや、グッズ、メニューなどにもクリスタルが輝き、パーク中のいたるところで“Wish”を感じられるようになるという。

 アニバーサリーイベントのオープニングを飾るのは、15周年期間限定で「メディテレーニアンハーバー」で公演される新規ショー『クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー』となる。加えて、「ブロードウェイ・ミュージックシアター」で公演中の『ビッグバンドビート』が、2006年7月の公演開始後、初めてショー内容やコスチュームを一部変更してリニューアルを実施することも決定している。さらに、春から夏にかけて、ロストリバーデルタの「ハンガーステージ」でも、プロジェクションマッピングの技術を用いた新しいミュージカルショーがスタートする。

 「東京ディズニーシー15周年“ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ”」は、2016年4月15日から2017年3月17日までの337日間、開催される予定となっている。
《》

関連ニュース

特集

page top