店頭用POPをiPadでつくれるアプリ「POPKIT」に法人版が登場 | RBB TODAY

店頭用POPをiPadでつくれるアプリ「POPKIT」に法人版が登場

ブロードバンド その他

POPKIT Pro利用イメージ
  • POPKIT Pro利用イメージ
  • POPKIT Pro利用イメージ
  • インバウンド対策用の外国語POPパーツも提供
 レイン・バードがiPad用POP制作アプリ「POPKIT」の法人版をリリースした。

 POPKITは2013年12月に個人ユース向けに無料でスタート。画像パーツや自分で撮影した写真素材などを組み合わせてiPad上で店頭用POPを作ることができ、現在までに3万人のユーザーを獲得している。

 今回新たにリリースされた法人向けの「POPKIT Pro」は、より法人単位での利用に特化し、オリジナルロゴやテンプレートの登録機能などに加え、社内や店舗間でのデザイン共有や、POPに対するスタッフ同士でのコメント機能などを追加。また、POPKIT向けに素材をつくっているクリエイターに、POP用パーツのデザイン依頼が可能になる。

 利用料金はスタンダード版が初期費用無料、4500円(1ID)から。業務システムとの連携など自社向けのカスタマイズに応えるプレミアムプランは初期費用98万円からで、月額費用は利用ID数によって変動する形態で、こちらは大規模チェーンなど向けのサービスといえるだろう。

店頭用POPをiPadでつくれるアプリ「POPKIT」に法人向け版が登場、月額4500円から

《こばやしあきら/H14》

関連ニュース

特集

page top