NTTドコモとタカラトミー、自然言語で会話ができる“おはなしロボット”「OHaNAS」 | RBB TODAY

NTTドコモとタカラトミー、自然言語で会話ができる“おはなしロボット”「OHaNAS」

 NTTドコモとタカラトミーは4日、ユーザーと自然な会話ができるクラウド型おはなしロボット「OHaNAS(オハナス)」を、10月1日に玩具専門店やタカラトミーの直販サイトなどで発売することを発表した。価格は19,800円(税抜)。

IT・デジタル その他
NTTドコモとタカラトミー、自然言語で会話ができる“おはなしロボット”「OHaNAS」
  • NTTドコモとタカラトミー、自然言語で会話ができる“おはなしロボット”「OHaNAS」
  • 「OHaNAS(オハナス)」
 NTTドコモとタカラトミーは4日、ユーザーと自然な会話ができるクラウド型おはなしロボット「OHaNAS(オハナス)」を、10月1日に玩具専門店やタカラトミーの直販サイトなどで発売することを発表した。価格は19,800円(税抜)。

 白くて丸いコンパクトなデザインのロボット「オハナス」には、人とロボットが自然な会話を楽しむためにドコモが開発した「自然対話プラットフォーム」が搭載されている。スマホやタブレットを経由して意図解釈機能などを持つ各種クラウドサーバーに接続することでオハナスと自然なコミュニケーションが可能になる。会話を楽しむ為にはスマホやタブレットを用意して、無料の専用アプリを端末にダウンロード。オハナスと端末をBluetoothでペアリングして、オハナスの頭を撫でてあげると青色のLEDが点灯するので、あとはオハナスに向かって話しかけるだけ。ドコモ以外の回線でも利用できる。外形寸法は160W×160H×160Dmm。電源は単2形アルカリ乾電池を3本、またはタカラトミーの専用アダプターを使う。

 ユーザーはオハナスとの自然な会話を楽しめるだけでなく、ニュースや天気などの最新情報を教えてくれたり、「ごはんの献立を一緒に考える」「ジョークで笑わせてくれる」など、生活をちょっと華やかにしてくれる相棒にもなってくれるという。ドコモとタカラトミーは本日、新製品発表の記者会見を開催している。会見やオハナスの詳細については後ほどレポートする。
《山本 敦》

関連ニュース

特集

page top