ソフトバンク、韓国最大手EC「クーパン」へ約1,240億円を出資 | RBB TODAY

ソフトバンク、韓国最大手EC「クーパン」へ約1,240億円を出資

エンタープライズ 企業

「クーパン」トップページ
  • 「クーパン」トップページ
  • 「クーパン」専用スマホアプリの画面
 ソフトバンクは3日、子会社を通じて、韓国最大規模のEコマースサイト「クーパン」に対し10億米ドル(約1,240億円)の出資を行うことを発表した。ソフトバンクと、「クーパン」を運営するForward Ventures, LLCが合意、7月上旬に取引を完了する見込み。

 クーパンは、ECサイトとしてモバイルを最大限活用しており、アプリは2,500万以上のダウンロード数の実績がある。現在、全売上高の75%とアクセス総数の85%がモバイルユーザーの利用分で占められているという。また、ユーザー自宅まで直接商品を届ける「クーパン・マン」と呼ばれる宅配チームにより、直近の6か月間で個別配送売上が3倍以上に達する業績を上げている。

 クーパン創業者・CEOのボム・キム氏は「ソフトバンクが長期的なパートナーとなり、同社の持つグローバルな知見と幅広い事業ネットワークが当社のさらなる成長を促進してくれるだろうとうれしく思います。 世界的規模でIT業界への投資を行う同社からの出資は、当社にとっても重要な節目となります」とコメントしている。クーパンは今後、シリコンバレー、シアトル、上海、ソウルにある事業拠点の研究開発機能を拡大する予定。

 一方ソフトバンク バイスチェアマンのニケシュ・アローラ氏は「クーパンは、世界のインターネット企業のなかでも非常に成長が著しく、かつ革新的な企業のうちの1つです。同社は、先端テクノロジーを活用して世界中で展開するEコマース事業における同日配送、モバイルコマース、カスタマーサービスはどうあるべきかという観点において、新しい業界基準を確立することになるでしょう」とのコメントを寄せている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top