Google、IoT向けプラットフォーム「Brillo」発表 | RBB TODAY

Google、IoT向けプラットフォーム「Brillo」発表

IT・デジタル その他

キーノートに登壇したグーグルの上級副社長を務めるスンダー・ピチャイ氏 (c) Getty Images
  • キーノートに登壇したグーグルの上級副社長を務めるスンダー・ピチャイ氏 (c) Getty Images
  • 米サンフランシスコで開催された開発者向けカンファレンス「Google I/O 2015」 (c) Getty Images
 Googleは28日(現地時間)、開発者向けカンファレンス「Google I/O 2015」において、「モノのインターネット」(IoT:Internet of Things)向けのプラットフォーム「Brillo」を発表した。

 今盛んに注目を集めているIoTだが、「Brillo」はAppleの「HomeKit」に対抗するGoogleのIoT向けプラットフォーム。Googleは家庭用のスマートサーモスタット/火災報知器として「Nest」をリリース済みだが、これをスマートロック、スマート電球、家電まで広げていくために開発を進めているものだ。

 同社では、これらのIoTを結びつけるプロトコルとして「WEAVE」も発表。「WEAVE」はクラウド、スマートフォン、Brillo搭載デバイスを連結させる役割を果たすとしている。具体的な製品や「Brillo」および「WEAVE」の詳細は明らかにされなかったが、「Brillo」はデベロッパープレビューを2015年第3四半期に、「WEAVE」は2015年第4四半期に登場する予定。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top