高齢者見守りサービス「おらのタブレット」、ドコモが法人向けに提供開始 | RBB TODAY

高齢者見守りサービス「おらのタブレット」、ドコモが法人向けに提供開始

 NTTドコモは28日、高齢者の見守りソリューション「おらのタブレット」を発表した。6月1日より、全国の法人・地方自治体向けに提供を開始する。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
専用画面イメージ
  • 専用画面イメージ
  • 利用イメージ
  • 各アプリの画面イメージ
 NTTドコモは28日、高齢者の見守りソリューション「おらのタブレット」を発表した。6月1日より、全国の法人・地方自治体向けに提供を開始する。

 「おらのタブレット」は、高齢者向けの日常生活情報、および災害情報などをタブレット内のアプリケーションを用いて、法人・自治体が提供できるようにするサービス。高齢者側は、専用アプリにより、日々の血圧測定や歩数管理などの健康管理を、自治体と連携しながら実施できる。

 専用アプリは、脳トレ機能も搭載。キャラクターが、タブレットの利用者の名前を画面上で話しかけるほか、掛け軸に格言を表示したり、利用回数に応じてリンゴの木を育成したりできる。ホーム画面に表示するアプリは最大7つまでカスタマイズ可能。

 また自治体からのメール配信にも対応。自治体側は開封通知を受け取ることができるため、簡易な安否確認としても利用できる。

 本ソリューションは、長野県大町市と天龍村の両自治体と住民により、1年以上試験運用され、画面遷移やデザインについて、最適化を行っているとのこと。導入費用・工程については、法人営業担当に要問い合わせ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top