ディズニー、パークに『アナ雪』エリア誕生! 今後10年の大規模開発構想が明らかに | RBB TODAY

ディズニー、パークに『アナ雪』エリア誕生! 今後10年の大規模開発構想が明らかに

エンタメ その他

『アナと雪の女王』/東京ディズニーランド&シーの開発構想
  • 『アナと雪の女王』/東京ディズニーランド&シーの開発構想
  • 『美女と野獣』/東京ディズニーランド&シーの開発構想
  • 『ふしぎの国のアリス』/東京ディズニーランド&シーの開発構想
東京ディズニーリゾートを運営する株式会社オリエンタルランドは4月28日(火)、東京ディズニーランド、東京ディズニーシーの今後10年間の開発構想について、ディズニー映画『美女と野獣』、『ふしぎの国のアリス』、そして『アナと雪の女王』の世界をテーマとする新たなエリアを作ることを発表! 今年度中には、詳細なエリア情報も発表するという。

同社は今後10年間(2015年3月期~2024年3月期)で、テーマパーク事業に5,000億円レベルの投資を実行していくことを先に表明しており、4月28日(火)の当該追加発表は、オリエンタルランドグループ「2016中期経営計画」(2015年3月期~2017年3月期)の現時点での具体的な決定事項となる。

東京ディズニーランドでは、「ファンタジーランドの再開発」をコンセプトに、ファンタジーランドの面積を約2倍へ拡張する大規模なエリア開発構想を具体化。再開発を複数のエリアで構成した上で、その一部をディズニー映画『美女と野獣』、『ふしぎの国のアリス』をテーマとする方向性に決定!

また、東京ディズニーシーのロストリバーデルタの南側の拡張用エリアにおける8つ目の「新テーマポートの開発」は、一部のエリアをディズニー映画『アナと雪の女王』の世界をテーマとした上で、新テーマポートの全体テーマを“北欧”とする方向性に決定! いずれのエリアも、東京ディズニーリゾートオリジナルのアトラクションやレストランなどを導入することで、世界で東京だけの魅力いっぱいの新エリアとして開発する方針だ。

同社では2015年中にエリアの詳細を発表するとしていて、今回は簡単なビジュアルイメージも解禁。大規模開発で大きく生まれ変わる東京ディズニーリゾートの未来が楽しみだ。

※本リリースに使用している画像はすべてイメージで、現時点での構想段階のものです。今後変更になる場合があります

(C) Disney

【ディズニー】パークに『アナ雪』エリア誕生! 今後10年の大規模開発構想が明らかに

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top