テレビに繋ぐだけで利用できるスティック型PC……一部機種で品薄も | RBB TODAY

テレビに繋ぐだけで利用できるスティック型PC……一部機種で品薄も

IT・デジタル デスクトップPC

超小型のHDMIスティック型PCに人気が集まっている。写真はマウスコンピューター製「m-Stick MS-NH1」
  • 超小型のHDMIスティック型PCに人気が集まっている。写真はマウスコンピューター製「m-Stick MS-NH1」
  • HDMIスティック型PC「m-Stick MS-NH1」
  • microSDXCスロットを装備
  • USB2.0、給電用microUSB端子を装備
  • 「m-Stick MS-NH1」装着例
  • これでフルPC並みの性能を誇る
  • 「m-Stick MS-NH1」ホワイトモデル
 液晶テレビやPC用ディスプレイのHDMI端子に繋ぐだけで利用できるHDMIスティック型PCに注目が集まっている。マウスコンピューターなど、各PCメーカー、PCショップブランドなどで参入が相次いでおり、一部機種で品切れになるほどの人気を呼んでいる。

 なんといってもHDMIスティック型PCのメリットは、その携帯性。サイズはちょっと大きめのUSBメモリほど。ポケットに入れて持ち歩け、ディスプレイや液晶テレビのようなHDMI端子のあるデバイスにつなげれば、即PCとして利用が可能になるのだ。

 そしてもう一つが、ネットでの動画コンテンツの拡充による大画面視聴への対応。動画コンテンツの配信チャネルが増えたうえに、Gyao、Huluのように、映画やオリジナル動画コンテンツをオンラインで配信するサービスも数々登場している。これらのコンテンツを「より大きな画面で観たい」という要求に応えるのが、このHDMIスティック型PCなのである。

 従来型PCでは、大画面のPCディスプレイを利用しないといけないが、これはなかなか高価。大画面テレビを所有している家庭が増えているなか、このHDMIスティック型PCならばこの家庭用テレビをディスプレイとして利用できる。HDMI端子に挿し込むだけという、簡単な操作も、このHDMIスティック型PC需要を支える要因だろう。

 そんなHDMIスティック型PCで、品切れになったモデルが、マウスコンピューター製「m-Stick MS-NH1」。OSは、Windows 8.1 with Bing 32bit、プロセッサにクアッドコアのAtom Z3735F (1.33-1.83GHz)、メモリ2GB、ストレージ32GB/64GBを搭載。HDMI端子から出力される映像は、最大解像度1,920×1,200ピクセルとフルHD以上となる。

 ワイヤレスは802.11 b/g/n WiFi、Bluetooth 4.0をサポート。インターフェースとしてmicroSDXCスロット、USB2.0、給電用microUSB 端子を装備する。本体サイズは幅100mm×高さ38mm×奥行9.8mm、 重量は44g。価格は送料込みで32GBモデルが19,800円、64GBモデルが25,800円。とくに64GBモデルがときどき品薄状態になっている。また、同機の派生モデルでCPU冷却用ファンを搭載した「MS-PS01F」も4月下旬に発売される。

 日本マイクロソフトのOEMマーケティング担当者は、具体的な数字には言及できないとしつつも「一般コンシューマーデバイスの週売データをチェックしている。m-Stick MS-NH1の店頭販売ボリュームが著しく伸びている」という。低価格かつ既存ディスプレイに対して接続するだけの簡便さが、ユーザーに好評だそうだ。

 スティック型PCについては「他メーカーからもラインナップの拡充が発表されたり、今後ロードマップに予定している企業も増えてきている。Stick PCという新しいフォームファクターは、今後さらに市場に広がっていく手ごたえを感じている」と、トレンドを予測している。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top